スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終セール!

  • 2011/04/02(土) 22:01:31

ホーリーが終わると夏
デリーではホーリー前にシーズンオフのセールが至るお店で開催されます。
そのセールでこれらの品をゲットしました

まずは薄手のカーテン。
日差しを遮ろうとカーテンを閉めてしまうと真っ暗になっていたので、
ずっと欲しいと思っていた一品。
ゴールドの木の形をしたブロックプリントがお気に入り♪
カーテンの色はピンクやオレンジ、ブルーなど5色ぐらいあり、
どれも可愛かったのですが・・・
どうも冒険できず、無難なホワイトに
薄手のカーテン

こちらは枕カバー。
これもブロックプリントが可愛く、そしてインドらしくて色違いで購入。
枕カバー

お次はテーブルライナー。
普段はあまり使わないのですが、半額以下だったので飛びついてしまいました(苦笑)
普段用と、お客様用に♪
テーブルライナー

最後にテーブルマットとナプキンのセット。
日本に居る時は全く使っていませんでしたが、
今のおうちはガラステーブルなので重宝します。
(インドではガラステーブルが主流です

普段はナプキンは使わないですけどねー
ナプキンでお口を拭くほど素敵な食事は出ませんから(笑)
テーブルマット&ナプキンのセット

インドは布製品が豊富でお買い得
ショッピングは、どうしても布製品が多くなります。


話は変わって・・・
先日のクリケットの準決勝は見事インドが勝利しました
そして今日は決勝戦!
インド中が盛り上がってます

IITF2010

  • 2010/12/06(月) 16:50:43

今年も行ってきました!
IITF(INDIA INTERNATIONAL TRADE FAIR)2010
このフェアはインドの全ての産業が凝縮された国際見本市。
入場料が安い上に、良心的な価格なので、毎年のお楽しみイベントとなっています
  ●過去の記事はこちら→ 2007年 2009年
IITF2010


数キロに渡るイベント会場には外にも中にも色んな商品が沢山

外のブース
外のブース

中のブース
中のブース
こんなゴージャスなアクセサリー(?)も
一体いくらなんだろう!?
ゴージャス!!

たっぷり時間はあったものの、会場が広すぎて今年もやっぱり回りきれず
全部回ろうとすると2日間は必要ですね。再確認しました。

今年も各州のパビリオンは殆ど回らず、
それ以外のお買い物ブースをメインに回って買ってきたものは~

●ラクダ革の靴4足+牛革の靴1足(左下)。
 お値段Rs.200~300(約400円~600円)
右上の1足は外用に購入。この靴はどちらが左、または右というふうに決まっておらず、
履いているうちに靴が足の形に合わせて変化していくという優れもの。
ラクダの革ってよく伸びるので、このような靴によく使用されています。
その他の4足は家の中で使用するスリッパ代わりに購入。
大理石の床は思った以上に固く、足に負担がかかるので、
日本のスリッパだと足の裏がすぐ痛くなるんです
ラクダ革の靴

●ビーズのコースターと麻のバッグ。
 お値段Rs.60(コースター6枚セット。約120円)とRs.80(バッグ。約160円)
このコースター、最初は「150ルピーだ」とふっかけられ、、、
「話にならない!」と言うと、「じゃあ、○○ルピーで」と少しずつ下げてきたのですが、
「50ルピーで買ったことがあるよ!」と言うと、あっさり60ルピーまで下げてくれました(笑)
やっぱりある程度の値段を知っていると便利ですね。
反対に麻のバッグは「値下げはしない!」という頑固オヤジのお店のもの。
ちょっと高い気がしましたが、買った物を詰め込む袋が必要だったので購入。
こんなふうに、「値下げをしてまで売る気はない!」という人もいます。
ビーズコースターと麻のバッグ

●ピアスとネックレス。
 お値段Rs.150(ピアス。上の6個での値段。約300円)
 下はRs.150(ネックレス&ピアスのセット。約300円)
 右の写真のネックレスはRs.50(左のもの。約100円)Rs.30(右の2つ。各60円)
ピアスは殆どが同じ形のものなんですが、安くて色が豊富だったので大人買い♪
最初は1つ50ルピーと言われていたのですが、30まで下げてもらい、
更に6個選んだところで、「6個で150ルピーにして!」とお願いし、結局半額でゲット。
それでも、お店の人はにこにこ顔だったので、
「もしかしたら1つ10ルピーぐらいで買えた!?」と思ったり。←鬼!?(笑)
ま、来年の参考にしよっと♪
アクセサリー
●ニームの木の櫛。
 お値段Rs.300(約600円)
ニームはインドでは有名。
薬用ハーブとして利用されており、アーユルヴェーダでは代表的な素材の1つです。
身近なものとしては、化粧品・石けん、シャンプー、歯磨き粉などに使われており、
インドでは知らない人はいないと思います。
その木で作られた櫛。
最初は買うつもりが無かったのですが、
「プラスチックの櫛を使ってない?静電気で髪が痛むよ!」と言われ、
ズバリその通りだったので購入してしまった
でも使い心地はいいので良い買い物だったかな。
ニームの木の櫛

ショールなんかも沢山あって悩みましたが、今回は我慢。
来年買おうかな~ 楽しみです。

メラでゲット!

  • 2010/11/24(水) 21:19:34

デリーでは秋~冬にかけて、メラというバザーが色んな場所で開催されます。
規模はほんとーに小さいものから、敷地内だけで数キロもある大規模なものまで色々。
メラってぼったくり額が小さいので好きなんですよね~
外国人にとっては嬉しいバザーです。

ちょっと前になりますが、
インド最大の祭りであるDiwali前の大きなメラに行って来ました。

  場所:Blind Relief Association(オベロイホテル隣)
  期間:26 Oct ~ 3 Nov

会場には布で仕切ったスペースが沢山あり、
服や食器、植物、アクセサリーやインド雑貨など色んな物が販売されていました。
Blind Relief Associationメラ

今回ゲットしたもの

こちらはPAPER THEATREの製品。
ノートに封筒セット、メッセージカード、メモBOX&メモ用紙。
可愛いペーパー類
色んな色・模様の封筒やメモ用紙が入ってます。
中はこんな感じ
ここの商品、この他にも可愛いペーパーグッズが沢山ありすぎて、
目移りばかりしてしまいました。
インドちっくな模様のものを沢山ゲットできて嬉し~い♪
以前にも紹介しましたが、やっぱりこの手のペーパーグッズは豊富だと思います。

キャンドル入れ。
ディワリグッズ
Diwali前だったのでこの手のキャンドル入れが沢山ありました。
 ※Diwaliには家中にキャンドルを灯して神様を迎え入れる準備をします

ちょっぴりインドチックな鏡。
ミラー
お値段はRs.250(約500円)

こちらは別のメラで買ったランプとキャンドルホルダー。
ろうそくの灯りって癒されますね~
ランプ&キャンドルホルダー
お値段はRs.150(約300円)とRs.30(約60円)

この他には花瓶、カトラリー、インド服なんかも購入。
メラってやっぱり楽しいな

ベンチも作りました!!

  • 2010/11/16(火) 22:03:49

オーダー家具の第2弾
今回はオーダー家具というのはちょっと大げさなベンチ(長いす)です。
まあ、木材さえあれば日曜大工で作れそうな気もするのですが、
インドには日本のようなホームセンターは無いので材料が簡単に手に入りません。
不便だな~


ベンチのコピー元はこちら。
コピー元

そして完成品。
サイズも色も指定通りの出来上がり。しかも写真より丈夫にできてました
ベンチも完成!
今のダイニングテーブルにはイスが6脚付いているのですが、
沢山お客様が来られた時にはこのベンチが登場!
これで8~9人はテーブルにつくことができるという便利グッズ
ドレッサーと同じくとてもシンプルだけど、
使わない時も部屋に馴染んで邪魔にならないのがいいところ。

今回は簡単なだけあって、クレームするところは1つもありませんでした!!
珍しく大満足の出来上がり

いつも何かを修理依頼やオーダーしては、「ここ、違うよー」と
1回ではなかなか仕上がらないインド。。
なのに!! 今回は
インドで何かを作って、「完璧!!」と思えた数少ない経験になりました(笑)

次は何かいいかな~

ドレッサー完成!!

  • 2010/10/17(日) 00:02:14

インドに来てからずっと考えていたこと。
それは、オーダーメイドで家具を作りたい!ということ。

こちらのお友達の家に遊びに行くと、
オーダーメイド家具を見かけることが結構多いんですよね~
棚、タンス、テーブル、チェアー、ソファー、壁掛けミラーなどなど。
皆さん上手にオーダーして作ってもらっています。

私は日本で家具を作ってもらった事はないのでよく分かりませんが、
自分好みのサイズ、形、色にしてもらうにも関わらず
インドでは日本よりとってもお得なお値段でオーダーすることができるとか。

ずっとドレッサーが欲しかったので、ここは一度チャレンジしてみる!?と思った私。
でもね、オーダーするということは
インド人とやっかいな交渉を何度も行わなければいけないということなんですよね。。
値段の交渉から詳細の説明、納期や進捗状況の確認、完成品のチェック などなど
きっと何度も同じ事を言って、何度も同じことで怒って、、、って大変だろうな。。と
ただ考えただけなのに、どっと疲れてしまいました
なので、まず最初は色々とお店を回って探してみたのですが、
お店で売ってるドレッサーはどれも立派&大きすぎて
インドの大きな家にはピッタリでも、日本の狭いアパートには邪魔になってしまうものばかり

いいな~と思いつつ、帰国後の社宅生活を考えずっと諦めていたのですが・・・
旦那の「作ってみれば?」という一声と協力(インド人との面倒な交渉)で
先日ついに日本でも使えるサイズのドレッサーをオーダーしてしまいました

まずは基本となる形をネットで探して印刷し、それに自分好みのサイズを記入。
そして見積もりしてもらう為に家具屋を数軒はしご。
お店によって値段が全然違うのにはビックリ&戸惑いましたが、
今回は初めてでお試しだったことと、人目に付かない場所に置くものだったので
一番お安く提示してくれたお店に発注。

そして数週間後。
とうとうドレッサーが完成しました
ドレッサー
ドレッサーというよりは机っぽいですが、
普段は机としても使いたかったのでこの形がベストかと。
ネットで見たドレッサーを元に、幅を広げて引き出しの数を増やしてみました。
せっかくだから可愛いドレッサーに♪とも思ったんですけどね~
いつも通り実用性を優先してしまった

開いてみると、こんな感じ。
毎日使うものはこの開いた場所に。それ以外は引き出しに収納。
化粧品にアクセサリー、香水やストック品までかなりタップリ入ります
蓋を開けると・・・

初めてこの仕上がりを見た時は、「すごい!写真通りだぁ」と感動したのですが、
色々チェックしてみると、「やっぱりインドだ」とガックリするところもいっぱい。(苦笑)

まずはイスに座って蓋を開けたら、、、嫌な予感が的中!
鏡(蓋)の角度が合ってないんです
鏡に映し出されたのは、自分の鼻から下のみ。
オーダーする時に『鏡の角度を調節してね!』と言い忘れたな~と後悔していたのですが、
分かってくれるかも!?とプラスに考えた自分が甘かった!!

インドでは、日本なら当たり前のようにやってくれることでも
子供に教えるかのように何度も細かく説明しなければいけないのが当たり前。
なのに、その事をすっかり忘れていたんですよねー
初歩的な間違い!!

で、角度を変えてもらって顔は映るようになったのですが・・・
釘は浮いてるし、間違った穴は埋めもせず傷だらけに。。
最後に穴を埋めてもらおうとも思ったのですが、
この時点で何度もやり直しをしていた為、私が疲れちゃって、、
自分しか見ないから~と思って諦めてしまいました。
あぁ、疲れた。。
傷だらけ(T_T)

その他の大きな問題は引き出し。
この引き出しって開ける時に指を引っ掛けて開けられる引き出しだったのですが、
インド人にはそういう感覚が無かったらしく、
ただくり抜いただけで指を引っ掛けるくぼみがありませんでした
おそらくただのデザインだと思ったんでしょうね。。
まあ、開けられないこともないし、
直してもらって余計に変になる事も大いにありえるので、これは指摘しませんでしたが。。
これもちゃんと説明しておくべきだったな~と反省。
その他細かいことがちょこちょこと。


今回のドレッサーは完璧な出来栄えではありませんでしたが
初オーダーでこの出来なら満足です
次は何を作ろうかな~と夢は膨らむばかり。
インドの大きな家にも、日本の小さなアパートにも合う家具って難しいですが
また何か作ってみたいと思っています。
楽しみだな♪


<<メモ>>
コピー元の写真はこれ。
コピー元
次回は
 ・内寸を指定する。
 ・持ち手が必要な場合は前もって購入して渡す。

ヘアオイルいろいろ

  • 2010/07/15(木) 20:28:32

日本でヘアオイルというとタオルドライ後に髪先を中心に付けるダメージ補修用のオイルか
スタイリング時にツヤ出しの為に付けるオイルが多いと思いますが、
インドでヘアオイルというとシャンプー前に付けるものがほとんど。
髪にオイルを付け、ついでに頭皮も一緒にしばらくマッサージし、しばらく放置。
そしてシャンプーで洗い流します。

インドでもヘアオイルは沢山ありますが、
私が使用しているヘアオイルはおもにこの3つ。
ヘアオイル

まずは左のオイル。これは香りがいい
ジャスミンの香りがふわ~っとして、癒し効果も大!
部屋中に甘~い香りが広がります。

真ん中は9種類のオイルが配合されているオイル。
ヒンディー語で書かれているし、使われている絵もいかにもインドって感じ。
昔からある商品のように思われます。
こちらはスーっとして気持ちいいので、スカッとしたい時に使っています。
それもそのはず、箱の横にはこんな宣伝が!
NO.1?
"WORLD'S NO.1 COOL"ですってー。
それ、良く言いすぎ!!インドらしいです(苦笑)
でも使用感はいいですよ~
マッサージ中から頭皮がスースーしてきて、洗った後までさっぱり感が続きます。
暑い夏には最高!
そして、頭だけではなく、ボディー用のオイルとしても使えるらしい。
万能オイルなのねー。(私はボディーオイルとしては使った事がないけど。)

でも、見ての通りオイルは真っ赤!!
服に付いたら大変です

タツが通っている床屋(美容院ではない 笑)でのヘッドマッサージにはこれが使われているらしい。
ちなみにそこでの散髪はRs.30(約60円)、シャンプーがRs.20(約40円)、
ヘッドマッサージはRs.30(約60円)ですって!
安っ!!
魅力的な価格ですが、さすがに私は行きたいと思わないようなレベルの
超ローカルマーケットの床屋です

右の"Amla"と書いてあるオイルはインドでは有名なメーカーのもの。
"Amla"は"アムラ"と呼び、インドでは有名なハーブです。
ビタミンCが豊富で、髪にコシとツヤを与えるらしい。
更にAmla(オイルじゃなくて果実です。)は髪に良いだけではなく、
食べたり入浴剤に混ぜたりと使い方は色々。
このオイルの使い心地も良いです。髪がしっとりします。

"Navtatna"の赤いオイルも注意して使わないといけないけど、
こちらの緑のオイルも要注意!
色もそうですけど、2つとも蓋を開けるとこんな状態なので、
こぼれないように毎回慎重に出す必要があります。
それがちょっと面倒かな~
どぼどぼ出ます!!

自分でするのが面倒な時は美容院へ!
外国人が行くような小奇麗な美容院だと
ヘッドマッサージ(With Oil)はRs.250(約500円)ぐらいで受けられます
気軽に受けられる価格が嬉しいですよね。

ちなみに私がたまに行くのはローカル色の強い美容院。
ここだと更に安くてRs.150(約300円)前後で受けられます。
安いでしょ~
おまけに頭だけでなく、首筋や肩、背中、時には腕までマッサージしてくれます。
「時には」ってところがまたインドらしい(笑)
お客さんはインド人が殆どですが、
この地区に住む日本人も多く利用しているので、偶然会うこともしばしば。

ヘッドマッサージ後は髪にオイルを浸透させる為にしばらく放置する方が良いので、
その後に用事が無い場合はシャンプーせずに帰るのがベスト。
用事がある時はシャンプーをしてもらいますが、
以前辛い目にあったように、インドの美容院でのシャンプーは忍耐力が必要!
私はなるべく避けるようにしています

ヘッドマッサージは気持ちいいので好きなのですが、
問題は何処の美容院へ行っても担当者が男性だということ。
日本では必ず女性スタッフにお願いしているのでちょっと違和感が。。
しかもインド人だし、男性だし、、私的にはちょっと嫌。
まだまだ女性の進出が遅れているようです。
インド人女性、ガンバレー!!

手描き製品色々

  • 2010/06/02(水) 19:28:42

インド人は不器用な人と器用な人の差がすごい!!

不器用な人は職人にも関わらす、
「私の方が上手じゃない?」と思ってしまうほど不器用。
思わず、「ちょっと貸して!!」と言いそうになったこと、数え知れず。
素人にそう思われるほどって相当ですよね?(苦笑)

そして、「これぞ職人技!」と思わせてくれるものがこれ。
小物入れ
こちらはカラフルな小物入れ。
細かい絵柄でも上手に描かれています。
色も形も色々あって可愛い 選び甲斐があります。

そして同じ小物入れでもタイプの違うものも。
小物入れ2
こちらは陶器なので、食卓にも合います。
角砂糖を入れて、ティーセットと一緒に出すのもいいですよね

同じく陶器の器。
ミニ器
象の絵が細かい!!
ちょこっと物を入れておくのに便利です。


インド人、やればできるのにな~
うちの内壁ももっと綺麗に塗って欲しいものです
(あの壁はその後、また剥がれました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。