スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タージ・マハル

  • 2008/10/07(火) 23:45:43

今回のテーマはあの【タージ・マハル】
タージ・マハルの紹介は初めてですが、
実は2007年に1回、今回と共に10月に行っています。

ちなみにタツは両親や友達、出張者のお供などで4回行ってます。
やっぱりタージ・マハルは見せてあげたいですもんね


皆さんご存知の通り、タージ・マハルは
ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルのお墓であり、
22年もの歳月をかけて作られ、1653年に完成。
1983年に世界遺産に登録されました。
本来【マハル】とは宮殿を意味しますが、こちらは名前と反してお墓なんですよねー
場所はデリーから車で約4時間のアグラというところにあります。

インドの遺跡を巡っていつも「この差はないんじゃない?」と不満に思う入場料
タージ・マハルも同じく、インド人と外国人の入場料には大きな差があります。
インド人がRs.5(約10円)に対して、
外国人は入場料Rs.250+ADAチケットRs.500の合計Rs.750(約1500円)。
この差はすごい!!
(ちなみにADAチケットとはアグラの観光名所で必要になる共通のチケットです。当日限り有効)

そしてチケット購入後に入場ゲートへと並ぶ列も長い長い!
さすがにタージ・マハルとなると、
今までの観光名所とは比べものにならないほどの長蛇の列ができています。
そして更にそこに現れるのがなんとも怪しいインド人
いくらか忘れましたが、「○○ルピーで優先的に入れてやる!」と甘い誘惑をしてきます。
でもこれって優先的に入れてくれるのではなく、
他の空いている入場ゲートを教えてくれるだけらしい。
なんだか子供がしそうな小遣い稼ぎみたいですよね(笑)

入場ゲートでは厳しいボディー&持ち物チェック。
ボディー&持ち物チェックはインドではどの観光名所に行っても当たり前のように行われます。
しかもテロの影響で、
今ではモール(ショッピングセンター)の入り口でも同じように行われています
毎回ちょっと面倒ですが、危険物を簡単に持ち込まれるよりはマシだと割り切ってます。
が、タージ・マハルでのチェックはカナリ厳しい!
持ち込み不可なのは、
飲食物・タバコ・iPodなどの電子機器類・チェック担当者が見た事がない物体・・・・?
ちなみに私は「これは何?」と日焼け止めを指摘され、
ただの日焼け止めだと主張したにも関わらず
「荷物預け所に預けてきなさい!」と言われました。。
まあ結局通れたんですけどね

そんなこんなで結構な時間がつぶされ、
やっと正門をくぐると、出口のアーチにタージ・マハルが!
正門より
そして潜り抜けると全形が目の前に広がりました!!
きれーい
水に映るタージ・マハル
初めて見た感想は、「え?こんなもの?(大きさ)」って感じ。
でもタージ・マハルの前に立つ人の大きさを見てビックリ!
人がすごーく小さく見えるんです
「これは目の錯覚!?」と自分の目を疑います。
横から

ダージ・マハルの基壇の大きさは95m四方、本体は57m四方で高さは67m。
4本の塔(ミナレットといいます)の高さはそれぞれ43mという大きさ。
大きいですよね~!
実際近づけば近づくほどその大きさに気付かされ、
基壇に上がった時には「こんなに大きかったんだ!?」と驚くばかり。
大きすぎて、真下から見ると自分がどの部分を見ているのかが分からなくなる程です(笑)
タージ・マハルの側面
細工も綺麗!
細工も綺麗で、近くで見ないと分からない綺麗さもありますが、
外壁の色は遠くで見ていたほど白くはなく、大きすぎて全体を見渡せないこともあって
もしかしたら少し離れて見る方が綺麗なのかも・・・

そして周りを見渡すとインド人、インド人、インド人、、、
皆タージ・マハルの陰に座り込み、お喋りなどして思い思いに過ごしている様子。
そんな中ちょっとビックリしたのが、インド人の若い女の子から、
「一緒に写真を撮って下さい!」と声をかけられた事。
え?なんで!?と最初は困惑しましたが、とりあえず一緒にパチリ
この時はビックリしたけど、その後こんな場面が何度もありました。
どうやら日本人(外国人?)と写っている写真を持っていると自慢になるらしい。
サインを求められたこともあったしね!
田舎の方に行けば行くほど私達は人気者になれます(笑)

タージ・マハルの外では何頭ものラクダや馬のタクシーがスタンバイ。
お安いので乗ってみるのもいいかもしれませんよ~
ラクダタクシー

こちらはタージ・マハル外のカフェから撮ったもの
正門とタージ・マハルが同時に見えます。
これは中からは見られない贅沢な景色ですよね
カフェからの眺め

ちなみタージ・マハルは金曜がお休みです
ご旅行の際には曜日の確認をお忘れなく!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

インドといえばタージ・マハルくらいしか思いつかない私ですがお墓だったんですね! 宮殿だと思ってました・・・^^;

入場料ってそんなに差があるんですか?!それすら知りませんでした・・・。
というか、世界遺産級の観光名所っって、その国の人と外国人で違うって当たり前のことなんでしょうか?

色々と勉強になります・・・。

  • 投稿者: sala
  • 2009/07/22(水) 22:31:45
  • [編集]

salaさん

そうですね。
インドといえばタージ・マハルやカレー、ターバンと答える方が多いんじゃないかな~と思いますv-411
でも実はターバンを巻いている人はそんなに多くはないんです。

入場料、違いすぎるでしょ~!?v-412
世界中ってわけではないと思いますが、
中国なんかも外国人料金があるらしいです。
なんで~!?って感じですよね。。

  • 投稿者: みぃ
  • 2009/07/25(土) 15:52:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。