スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂のナノ

  • 2009/05/07(木) 23:14:34

日本でも噂になっている
インドのタタ・モーターズが発売した超低価格車「ナノ」が大人気だそうです。
なんと、受注台数が20万3000台を超えたんですって!!
 (その記事はこちら

ナノは全長3m、高さ1.65m、幅1.5m。
価格はデリー近郊で、
基本モデルが12万4000ルピー(約24万3000円)、
デラックスモデルは17万3000ルピー(約33万9000円)らしいです。
安いですよね~

最近よくこんなチラシが新聞に入っていました。
コロンとまるっこい形の車です。
どうかな?
ナノ
ちょっと興味があったので、早速実物をチェックしてきましたよ~

小さな車の横に警備員がしっかりと立っていたので(しかも2人も!笑)
写真は撮れませんでしたが、
第一印象は思っていたよりも大きく、
日本にもありそうな可愛い軽自動車という感じでした。
チョロQを大きくしたような感じかな?

そして車内もチェック
エアコンもオーディオも付いていないのでスッキリした車内。
ステアリングはやや小ぶり。ちょっとおもちゃみたい(笑)
でも、車内空間は思った以上に広かった!!
高さもあって背の高い人でも問題なさそうだし、特に後部座席が広い!!
私が日本で乗っていた車なんかより断然広いよ~(スポーツカーだったので)
日本人の私達から見れば、「後ろに2人は余裕に乗れるね」といった感じですが、
インド人が見たら「6人は乗れるな!」と思うのでしょうか?(笑)
 (注:実際は4人乗りですよ~)
でもドアは薄そうで、
「ぶつけられたらすぐに凹むだろな~」と嫌な想像をしてしまいましたが

最高速度は105キロ。
ちょっと物足りない気もしますが、
ハイウェイでよくある、スピードの出しすぎによる事故は多少防げるからいいのかな?
もしくは速度が周りより遅すぎて追突事故を巻き起こす?

でもこのナノ、
 ・エアコン・エアバッグ・パワーウィンドウの標準装備はなし。
 ・エアコン・オーディオはオプション。
 ・ウィンドワイパーはフロントガラスに1つ。
 ・サイドミラーも1つだけ。(運転席のみ)
という仕様。

皆さんは欲しいですか?
私はねぇ、、日本で乗れるのなら欲しいかも。
でもインドで乗るとすると・・・
車体の強度という面で身の危険を感じます

以前もご紹介した通り、
インドの交通マナーは悪すぎで、車をぶつけられる事がほんと多い!!
ナノだったらすぐにボコボコにされるだろうし、
もしスピードが出ていたら、ひっくり返るか潰されて命は無いような気がします。。

こんな国だからこそ車体は強化しなきゃいけないと思うのだけど・・・
まあ、インドでよくあるバイクで4人乗りとかよりも少しは安全だし、
何より安いということが魅力なんでしょうね。

ナノは抽選で販売され、7月から一般道路でお目にかかれるそうです。
ちょっと楽しみだな

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

車内は意外に広いという事なので実際はそんな事はないんでしょうけど、私の中で、体格のいいインドの方が小さくなって運転している映像が浮かんでは消えます・・・。(笑)

そして、4段オチかと思う程の仕様。
やっぱり何度聞いてもサイドミラーが標準装備じゃないって驚きます。
運転席だけ標準装備って片方だけなんて選択が出来るのも笑えます。

「可愛いなー」とは思うけど、この仕様で乗ってみたいとは思えませーん。見るだけでいいです(笑)

  • 投稿者: sala
  • 2009/05/08(金) 20:21:58
  • [編集]

salaさん

そうそう!私も最初はインド人が小さくなって運転する姿を想像していたのですが、
体格のよいインド人でも全く問題なさそうですよ~
ただ車体がカナリ沈むかもしれませんが(爆)

仕様はさすがインドって感じですよね~
いずれ海外でも販売される計画は立っているようですが、
この仕様のままだと日本では安全面と環境面で許可がおりず、販売されないそうです。
当たり前か(笑)
自分が乗るとしたら、
エアコン・パワーウィンドウ・オーディオ・サイドミラーはオプションで付けないとな~
日本で考えると、「これがオプションってどんな車!?」って感じですよね?(笑)

  • 投稿者: みぃ
  • 2009/05/08(金) 22:15:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。