スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエディングシーズン

  • 2009/02/22(日) 10:18:41

デリーでは涼しくなる11月~3月上旬頃までが結婚式のベストシーズンです
なので、たつへも招待状が沢山届きました。
どれもなかなか素敵でしょ~?
(珍しく)作りもしっかりしてて、日本より立派だったりします。
招待状
この全ての招待状に印刷、または貼り付けてあるのはインドのガネーシャ神です。
日本でも「夢をかなえるゾウ」で有名になりましたよね

ガネーシャ神は、
商売繁盛・学問・除災厄除・財運向上・
またはその他、幸せに関する全てに対し守ってくれる神様とされており、
インド人はこのガネーシャが大好き

ガネーシャの特徴は、ビールっ腹に象の頭、そして4本の腕ですよね。
4本の手に持っているものはそれぞれ異なり、
矢・斧・弓・シトロン・雄鶏・法螺貝・円盤・突き棒・蓮華・鎚矛・モーダカ・輪縄・
稲穂・ロザリオ・髑髏・槍・サトウキビ・雷電・牙・宝石入れ・如意鳶・大根など。
この下の写真の左手(下)にはモーダガ(歓喜)という砂糖菓子を持っています。
ガネーシャはこれが大好きなんですって
ガネーシャ
そしてよーく見ると、ガネーシャの牙は片方が折れています。
これには色んな説があるようです。
詳しくはこちらも参考にしてみて下さい。

ガネーシャの乗り物はネズミ。
神話によると、
このネズミは退治された悪魔がガネーシャ神によって姿を変えられたものであるとされ、
暗闇を象徴しています。
そして、ガネーシャ神がこのネズミを乗り物にしているということは、
彼が暗闇の世界を調御していることの象徴なのだとか。
普通に考えたら、「ネズミの上に象!?つぶれちゃう~」って感じですけどね(笑)

このガネーシャ、インドの商店には必ず祀ってあります。
招き猫みたいなもんですね。
もちろんインド人のお宅にもありますし、
インドに駐在されている日本人宅にもあったりします。
うちは特に飾ってないのですが


この招待状、実はたつ自身知らない方から頂く事も多いんです。
どうやら結婚式に日本人が参加する事で、周りから
「日本人の知り合いがいるなんてすごい!」的な賞賛を受けるようで・・・
たつと同じ会社だけど話した事も無い人からや、
従業員の弟の結婚式などでも招待を受けるらしい。

私はまだインドの結婚式に行ったことが無いのですが、
"時間通りに始まらない""食事が夜の11時過ぎから始まる""夜中まで延々と続く"など
噂は色々聞きます。
「疲れるだけ」とは聞いていますが、
インドにいる間に一度は行ってみたいと思ってます

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ガネーシャ、私は【夢をかなえるゾウ】という本・ドラマで初めて知りました。(本は読んでいないんですけどね^^;)
なので細かな事は全く知らなかったので、勉強になります。
こういう事を知ろうとするとその国の事が今よりも少し深く知ることが出来る気がしますね。

インドの結婚式、主役も招待客もどちらも大変そうですね^^;
みぃさんが行かれたら、その様子を教えてくださいね。
私はそれで充分です(笑)

  • 投稿者: sala
  • 2009/02/22(日) 23:46:46
  • [編集]

salaさん

私も日本に住んでいた時は全く知りませんでしたよ~
そして【夢をかなえるゾウ】でガネーシャが有名になったのにもビックリしました。
初めてあの絵を見た時は、「ガネーシャのパクリだ!」と思っていたのに
本当にガネーシャがモデルだったなんて・・(笑)
今まで知ろうと思わなかった事も、キッカケがあると知りたいと思えるようになりますよね~
ガネーシャもそんな感じでしたv-411
インドには他にも神様が沢山いるので、調べていくとなかなか面白いかもしれませんね。

  • 投稿者: みぃ
  • 2009/02/24(火) 00:32:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。