スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッションカバーを作りました

  • 2009/02/08(日) 23:23:37

以前の日記にも書きましたクッションカバーが仕上がっていたのでお披露目を。

・・と言っても縫ったのは私ではなくテーラーのおじさん
メイドちゃんに布とファスナーを持たせ、
サイズとイメージだけ伝えて縫ってきてもらいました。
縫い代は1枚Rs.25(約46円)。
ミシンを持ってなくても、これぐらいの値段で縫ってくれるならお得ですよね。

でも・・・
出来上がったクッションカバーを見て思わずクレームを出しちゃいました。
だって、注文したところと違うところにファスナーが付いていたんです!!
私的には表・裏どちらの面を見せても良いようにと思い、
「ファスナーは側面に付けてもらってね!」と注文したのですが、
メイドちゃん曰く、「側面に付けるのは難しいからここに付けたと言っていた」との事。

え~っ!?
そんなに難しい事じゃないんだけど。。
・・って言うかプロなんでしょ
まあ、出来ないなら出来ないでいいのですが、
私がクレームを出したかったのはそんな事よりも
【客の了解を得ずに勝手に違うところに付けた】という事なんです!
普通、注文された事ができないのなら
他の手段を選ぶ前にお客さんに了解を得るのが先ですよね?

今回はクッションカバーだったから「まあいいや」と思いましたが、
これがもっと高価なものだったり、家の内装だったりしたら
注文通りにやってくれないと困りますよねぇ?
インド人なら、「白い色が無かったから黄色の壁にした」とか平気で言いそうな気がする
そう言えば、表札の時も勝手に釘を変えられたんだった
忘れてた。。
今度からは渡す前に、「できるかどうか聞いてみて!」と言わなきゃいけないですね。
勉強になりました。

で、こちらが今回作ったクッションカバー。
レースを付けようか?など色々考えましたが、
今回はイスに合わせたシンプルなものに決定。
こんな感じに仕上がりました。
クッションカバー
うちはインドちっくな内装ではないので、あえてカジュアルに。
でもちょっと地味すぎたかも

この斜めにクッションを置く置き方はインド人の特徴なのか、
前のメイドちゃんも同じ様に斜めに置いていました。
私がソファーと水平に置くと、
その置き方が間違いであるかのように毎回斜めに置き換えられたっけ(笑)
今じゃメイドちゃんの好きなように置かせてます。

この現象は他のおうちでも起こっているらしい。
日本人ってあまり斜めに置かないような・・・
こういう感覚の違いって、(許せる範囲でなら)面白いです

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

インドでは思い通りのコトが運ばなくても
怒らないいい加減さと気持ちの余裕が必要ですね( ̄▽ ̄;)
私には無理ですが(笑)

クッションの置き方ってこだわりあるんですね~
と言ってもインドだけでなく、海外のドラマや映画見てると
インテリアとしてのクッション使いがとっても上手だと思います。
日本人ってクッションに実用性を求めるけど
海外の場合、それプラスインテリアの要素として
取り入れてることが多いのでは。
これって、生まれながらのものというか
培われていくものなのかはわかりませんが^^

  • 投稿者: ちゃちゃまんぼう
  • 2009/02/11(水) 22:06:18
  • [編集]

ちゃちゃまんぼうさん

【怒らないいい加減さと気持ちの余裕】、、確かにその通りです!!
でもよっぽど心が広くないと無理ですねー
私もまだまだですv-390

クッションに実用性を求めるって分かります!!
今回も枕代わりにしたりするにはシンプルで洗いやすい方がいいよな~など
考えて作ってしまったv-356
私ってやっぱり日本人なんですね(笑)
でも全く実用性のないクッションも別に購入しましたよ~
インドならではって感じのクッションです。
今度紹介しますねv-392

  • 投稿者: みぃ
  • 2009/02/13(金) 01:09:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。