スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆腐大好き♪

  • 2012/02/22(水) 17:29:55

私がインドに来た当初、
豆腐というものは車で片道1時間かけて行く、デリー唯一の日本食材店でしか手に入らないものでした。
しかもフレッシュなものではなく、値段も高かったはず。

なので、数回はこんな風に手作り豆腐を作ったものです。(旦那作)
手作り豆腐
でも豆腐作りって結構面倒
鍋とミキサー(しかもうちのは小さい)を使わないといけないし、
豆乳を搾り出す時には火傷をしそうになる。。
しかも、沢山の大豆から作られるのは沢山の豆腐ではなく、おから。

余ったおからは私の好きな卯の花やおから入りナゲット、クッキーなどに変身しましたが、
私は好きでも旦那はあまり好きではない。
手作りおから
その結果、2人とも好きな豆腐はあっと言う間になくなって、
おからは余りまくる始末。

そんなこんなでいつの間にか手作り豆腐は全く作られなくなってしまったのです。。

そこに救世主が登場
またもや韓国人が頑張ってくれました!
車で数十分のモール内に去年から韓国人が小さなスーパーを開き、
そこで手作り豆腐を販売するようになったのです!
韓国人が作った豆腐
絹豆腐は1キロでRs.150(約250円)だったかな?
近くで豆腐が手に入るようになって、すごく嬉しい

ただ、ちょっと残念なのは1キロ単位でしか買えないところ。
2人家族で1Kの豆腐は結構な量。
傷みも早いので、この豆腐を買ったらしばらくは豆腐づくしの献立になります
ヘルシーで良いのだけど、何を作ろうか考えるのが悩みの種。
大好きなものでも毎日続くとちょっとね・・・


ある日のおやつ。
クリームチーズマフィンとブラックベリーティー
マフィン&ブラックベリーティー
クリームチーズマフィンを焼く直前に
ふと思い立ってブルーベリージャムを乗せたのはいいのだけど・・・
ただ乗せただけだと生地と馴染まず不恰好なマフィンに
やっぱり手間を惜しむと良いものはできませんね。。

--追記--
豆腐、いつの間にか400g入りのものが販売されていました!!
しばらく買ってなかったから知らなかった~
嬉しい

スポンサーサイト

どうしてこんなに壊れるか!

  • 2012/02/16(木) 19:24:16

こちら靴の修理屋さん
多くはマーケットの片隅や、道路の脇に店を構えています。
でもはっきり言って店といえるものではなく、
テントを張っているか、敷物だけを敷いて営業しているのがほとんど
靴の修理屋さん
この日私が持ち込んだのは写真のミュール。
接着面が剥がれてしまったので貼り直しをお願いしました。

おじさんは両足で起用に接着剤の入ったボトルを挟み、
接着部分に塗りこんでいきます。

ちなみに修理前はこんな状態。
接着部分がカパッと剥がれてしまいました
修理その1
接着し直してもらったお値段、Rs.30(約50円)。安いです。

アヒルの口みたいにパックリ割れてしまったサンダルもRs.30(約50円)。
修理その2

中敷が破けてしまったサンダルは・・・
修理その3
新しい中敷を貼ってもらってRs.80(約130円)。
確かに新しいものになったけど、
白になってしまったのと、ちょっと雑な仕事振りで見た目は
脱がないでいい日専用のサンダルになりました(苦笑)

こちらはヒールがびろ~んと剥がれてしまった旦那のビジネスシューズ。
戻ってきたらテープで固定してありました。
修理その4

旦那のスポーツシューズの底が剥がれてしまった時は
太い糸でシューズ本体と底の部分を縫い合わせてありました。
そんな直し方があるのか!?と驚きましたが、本人が満足しているのでまあ良しと。
お値段Rs.80(約130円)

修理自体はビックリするほど安いので大助かりなのですが、
そもそも靴ってそんなに簡単に壊れるものじゃないですよねぇ?
これらの靴だって毎日はいていた訳ではないし、
基本的に車移動なので歩く距離も短い。
しかも買って数回しか使っていない時もある
ちなみに私、日本では靴を修理に出したことがありません。
インドに来てこんなに(実際はもっとある)壊れるなんてビックリで、
今では車に予備の靴を置いておいた方が良いのでは?と思っているほど。

インドの靴って安いんですよね~
日本だと、安くてもそれなりの機能は果たしてくれますが、
インドは基本的に【安い=壊れやすい】が成り立っている気がします。
かと言って、そこそこ高い靴を買ってもそんなに変わらないようにも思う。
耐久性なんて考えていないんだろうな。。。

まあ、原因は分かっているんです。
それはインドのこの気温
気温が高いので粘着剤が剥がれやすいし、靴そのものの劣化も早い!

ちなみに直す甲斐もなく、さようなら~になってしまったのはこちら。
これらも熱で劣化してしまった悲惨な結果です。
さようなら~

大切な靴はインドに持ってこない方が良さそうですね
あ、同じくバッグも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。