スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに本の話

  • 2011/09/30(金) 22:01:42

今日は久し振りに本の話を。

以前、私のお気に入りの本が続々とドラマ化・映画化されているとお話しましたが、
あれから更に増えたので、懲りずにまた本の紹介をさせてもらいます

映画やドラマの方が観やすくて好きって方も多いと思いますが、
それらでは十分に伝わらないことが原作には沢山詰まってます!!
映画でガッカリされた方も、原作では「面白い!」と思える本が沢山あると思うので
これを機に(?)原作を読んでもらえると嬉しいな~と思ってます

では早速。一気にいきますね!

誉田哲也さんの【ジウ】
先日までドラマでやってましたよね。
ドラマはやっぱり飛ばしすぎ。。原作の方が奥深いところまで分かってオススメです。

誉田哲也さんの作品が気になったのなら
映画化された【武士道シックスティーン】も面白いです。
【ジウ】とは全くテイストが違う作品。
映画は観ていないので面白いか分かりませんが、
原作は3冊にシリーズ化されていて、主人公2人の16歳~18歳までを追っています。
2人が成長していく姿に感動します。

海堂尊さんの【ジーン・ワルツ】
ドラマ化、そして映画化もされました。
産婦人科の話で、女性なら「自分だったら・・」と考えられずにはいられなくなると思います。
海堂尊さんの作品は【チーム・バチスタの栄光】からどんどん映画化・ドラマ化されてますよねー
すごい勢いです。

伊坂幸太郎さんの【ゴールデンスランバー】
もちろん原作の方がオススメですが、こちらは珍しく映画も面白いと思えました。
同じく映画化された【ラッシュライフ】
こちらは映画を観ていませんが、原作は面白いです。

池井戸潤さんの【空飛ぶタイヤ】
ドラマは見ていませんが、原作は本当にオススメです。
分厚いので気が引けてしまいそうですが、読み始めるとあっと言う間に引き込まれます。
【下町ロケット】もドラマ化され現在放送中。

有川浩さんの【阪急電車】
映画は観ていませんが、原作はほのぼのと楽しく読めます。

上村佑さんの【守護天使】
映画は観ていませんが、原作はとにかく笑えます!
読後感は最高。

宮部みゆきさんの【悪魔はささやく】
現在ドラマが放送中とか。
原作はドキドキさせられ、読み応えタップリ。

百田尚樹さんの【ボックス!】
原作はすごく面白かった!!笑いあり、涙ありですぐに話にのめり込み、
結構なボリュームなのに一気読み。
感動が味わえます。
映画は・・・イマイチでした。

上橋菜穂子さんの【獣の奏者】
アニメ化されましたが、あの世界観は原作を読んで味わって欲しいです。
ファンタジーが好きな方にはオススメ。

湊かなえさんの【告白】
映画は本当につまらなかった!観ていて眠たくなったのは私だけじゃないはず。。
これは原作でリベンジして下さい。

米澤穂信さんの【インシテミル】
原作の方が参加者の心理がよく伝わってきてドキドキ感が味わえます。
映画はそこが浅かった。。

あさのあつこさんの【バッテリー】
ドラマ・映画化両方されました。
ドラマもまあまあ良かったですが、原作も読んで欲しいな。
元々は児童書なので、小学生ぐらいから楽しめると思います。
お子さんにも是非!!

東野圭吾さんの【さまよう刃】
この話、心が痛くなり、読み進めるのが辛くなりますが、
色々と考えさせられることも多いです。
映画はイマイチだったので原作を是非読んで欲しい!
東野さんの作品も続々とドラマ・映画化されてますね。


前回私の好きな作家を数名挙げましたが、
最近は上橋菜穂子さんと誉田哲也さんも好きな作家に仲間入り
この2人が書く作品、全くジャンルが違うんですけどね。

相変わらず偏った読み方をしていますが、
最近はまだ読んだことがない作家さんの作品も読むようにしています。
なので、皆さんのオススメの作家さんなども教えて頂けると嬉しいです

スポンサーサイト

海苔の佃煮事件

  • 2011/09/22(木) 13:41:58

うちの旦那は海苔の佃煮が大好物

ある日、「新しいビン海苔出して~」と言われたので
(旦那は海苔の佃煮のことを「ビン海苔」と言っています)
ストックルームを見に行くと、残念ながら在庫は無し。

旦那にもう在庫が無いことを伝えると、
「え~。この前買ったよなぁ?」「どっかにあるやろ~?」と諦めきれない様子。
そして自分でもストックルームに確認しに、、、でもやっぱり無い。

いつもたっぷり使う旦那に対して、
「毎回あんなに使ったらすぐに無くなるでしょ~」と言うと、
「そんなことはない!」「沢山買ったはず!」とまだ諦めきれない様子。。
そして最後には、「もしかしてみぃが食べたんとちゃう?」と疑いをかけられてしまいました

私は何もかけない白いご飯が好きなんだよ!!とイラッとした私。
その後も旦那は何やらブツブツ言ってるので、
「そんなに言うなら作ったるわ~!!」と
既に遅い時間にもかかわらず、海苔の佃煮を作り始めました。


作り方は簡単なのに、意外に時間がかかる佃煮作り。
グツグツグツグツひたすら煮詰めます。




そして完成。どうだー!!
海苔の佃煮

これで文句は言わせない!!という勢いで旦那に差し出すと・・・
「ん?? 市販のビン海苔より美味い!!」と意外な一言が。

褒められたはずなのに、唐突&まだちょっとプンプンしていたので素直に喜べない私。。
「あ、当たり前でしょ!」と言ってしまった

でもよく考えるとすごい褒め言葉かも!と、あとから嬉しくなってきました。
おかしいなぁ。あんなにプンプンしてたのに。。(苦笑)
「美味しい」って言葉は魔法の言葉ですね

ちなみにこの佃煮。甥っ子たちも好きなようで「美味しい美味しい」と食べてくれます。
大人が美味しいと言ってくれるのも嬉しいですが、
子供の言葉は新鮮で更に嬉しいかも!
帰国時には甥っ子たちの為にせっせと佃煮を作るみぃおばさんです


別の日。
初めてどらやきを作りました。初めてにしては上出来
今回は手土産用なのでミニサイズに。
どらやき♪
最初の何枚かは皮の焼け具合にむらが出て綺麗に焼けなかったのですが、
コツをつかんでからは簡単でした。
皮をこんがり焼くコツは、油を均等に綺麗にひくこと
キッチンペーパーを使うと綺麗な仕上がりになりました。
今度はおうち用のビッグサイズを作ってみよっと

進化するパン屋

  • 2011/09/16(金) 18:00:43

私がインドに来た時、あったパン屋はインド人経営のイケテないパン屋ばかりでした。
出来立てのハードパンはまあまあでも、
その他のパンはパサパサしてて、
「また食べたい!」と思えるようなパンは殆どありませんでした

でもここ数年で、全てのパンじゃなくても、
このパンは美味しい!ってものが少しずつ出てきました。
外国人がどんどん増えてるからですかね~

こちらは今年(?)オープンした、韓国人が経営しているパン屋さんのパン。
韓国パン
アンパンやクリームパン、もちもち食感のパンなど
今までインドでは手に入らなかったパンが売られています。
全体的に昔ながらの素朴なパンという感じですが、
もちもち食感のパンは美味しかった!!
でも素朴な味の割には、お値段は少し高め。
写真のパンでRs.60~80(約120円~160円)ぐらいもします。
先日韓国人のお友達に聞いたら、この値段は韓国の3倍もするらしい
食べられること自体ありがたいのですが、3倍ってねぇ。

更に、オシャレ度がかなり高いオペラ。
オペラ
お店は綺麗でパンやケーキも洗練された美しさ。
味も美味しいものが沢山ありますが、時々「やっぱりインドだな~」と思う甘さのものもあり。
値段は韓国パン屋より高め。

マカロンも綺麗ですよね~
マカロンを本格的に売るお店って初めてじゃないかなぁ?
マカロン
1つRs.130(約260円)。結構高いですよね。

ちょっと遅れてオープンしたのが、またまた韓国パン屋さん。
こちらは中心地からちょっと離れているからか、そんなにメジャーではありません。
味はまあまあ。ちょっと遠いので、次にいつ行くかは不明。
でも2階の喫茶店ではカキ氷が食べられると聞いているので
そのうち行ってみたいな~と思ってます。
韓国パン その2

それにしても、韓国人の開拓パワーは凄まじい!!
韓国人が個人的に経営するゲストハウス、韓国料理屋、食材店、
パン屋などが次々とオープンしています。
日本人もかなり恩恵を受けています。本当にありがたい!!
あの逞しさは見習わなきゃいけないですね。

インドの病院では

  • 2011/09/11(日) 11:41:15

先日、知り合いの付き添いで病院に行って来ました。

インドの病院って汚いイメージがあると思いますが、
ちゃんと選べば綺麗な病院も沢山あります。
今回行って来たのは日本人も多く通うMAXという病院。
実は旦那も入院したことがある病院です


その病院の待合室で面白いボードを発見。
日本でもよくある禁止事項が書かれたボードです。

喫煙や飲食、携帯使用の禁止、静かに!っていうのは日本でも見かけるマーク。
この病院では、お見舞いに花はダメなのねって事も分かりました。
さすがインド!の禁止事項
が、ちょっと不思議なマークもあり。

【大勢で押しかけるな】
【唾を吐くな】
【ごみを散らかすな】


これって日本では見かけないマーク。
でもインドに住んでいると、「なるほどな~」って納得できてしまう項目なんですよね(苦笑)

まず、インド人は病院に大人数で来る事が多いです。
1人の患者に3人とか、多い時は家族全員で来たんじゃないか!?って思う人数の時もあり。
(インド人って大家族です
その付き添いの方々が全員待合室の椅子に座ってしまうもんだから、
患者自身が座れないって事もあり これって辛い。。

そして唾吐きもインドでは大きな問題になっています。
インドではまだまだ日本のようなタバコが高くて買えない人が多いので、
パーンと呼ばれる様々な香辛料を葉っぱで包んだ噛みタバコを買う人がほとんど。
この噛みタバコって噛んだ後に吐き出して捨てるものなのですが、
紙に包まず、道路にペッと吐き出す人が多いんです。
この香辛料は真っ赤なもの。
なので、吐き出した唾も真っ赤。。
その結果、道路や壁が真っ赤に染まって汚れてしまうというわけ。
きっと、道路に限らず病院内にも吐き捨てる人がいるんでしょうね 信じられない。。

ゴミも同じ。
その辺にポイポイ捨てる人が多いので。。。

どうにかならないですかね~


話は変わって、
病院での私のお気に入りはこのトイレマーク。
トイレマーク
女性のマークはサリーを着た女性。
インドらしくて良いですよね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。