スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリケット観戦で休み!?

  • 2011/03/30(水) 23:00:31

今日はクリケット・ワールドカップの準決勝の試合が行われました。
対戦チームは、インド パキスタン。

クリケットは日本では馴染みが無いですが、インドでは最も人気のあるスポーツで、
大人も子供も大大大好き
その辺の広場で楽しんでいる姿をよく見かけます。

今日の対戦相手であるパキスタンは、インドの最大のライバル
違法である賭博も横行し、
インド国内で1千億ルピー(約2千億円)の掛け金が投じられているらしい
この熱の入りようを裏付けるように、
この試合がある為(見る為)に休みになった企業も多かったとか、、
そんなこと、日本じゃあり得ませんよね~ 
さすがに日系企業は休みではなかったです。

うちの近くでは、イスとスクリーンを準備し、気合十分のインド人達が外で観戦。
試合が始まってからは歓声やら太鼓の音やらですごい騒ぎに
ブログを書いている今も、ドンチャン騒ぎが続いています(苦笑)
あ、今、爆竹の音が! 花火まで上がった!!
今日初めて知りましたが・・・クリケットの試合って、6時間以上かかるらしいです
この騒ぎ、、一体何時まで続くのだろうか。。。

皆さん、カナリ熱狂しているようで、
インドが試合に負けると大量のテレビが破壊され、
テレビの売り上げが上がるとまで言われているそうです
明日の新聞の一面はこれで決まりですね~
インド、勝てるか!?
完全武装です。

***********************************
後日。

インドは無事優勝することができました
優勝おめでとう!!
応援が熱狂的過ぎて危ない。。
熱狂的な応援団

とにかく!優勝おめでとう!!

スポンサーサイト

夏がやってきました

  • 2011/03/29(火) 23:41:12

今年も夏がやってきました
デリーではホーリー祭が終わると夏がやってくると言われています。
今年のホーリー祭は20日だったのですが、、、正にその通り!!

ホーリーの4日前までは
  長袖Tシャツと長袖トレーナーに長ズボン
  &タオルケットに薄手の羽毛布団までを被って寝ていたのに、
3日前からは急に暑くなり、
  長袖Tシャツに長ズボン&薄手の羽毛布団1枚に変更。
  しかも手足を出して寝てる状態
そしてホーリー後は
  半袖に長ズボン&タオルケット(しかもお腹だけ)という状況で寝ています。
  (旦那は既に半袖に短パン。何もかけないで寝てますが。。)

昼間は半袖でも十分暑い! 日差しも強いしね
そして湿度は暑さに反比例してドンドン下がっていきます。
お肌や目が乾燥する。。
今年はどこまで暑くなるのかなぁ。この先が心配です。


こちらは春を知らせるブーゲンビリアの木。
毎年デリー市内の至る所で見かけ、圧倒的な存在感を示しています。
ブーゲンビリア

そしてこちらはコットンツリー。真っ赤で大きな花を付けます。
名前の通り、この赤い花の中には綿が詰まっていて、
花と一緒にボトッと落ちることもあれば、ふわふわと空を漂っていることもあります。
最初に目の前にふわふわ飛んできた時はビックリしましたよ~
一体何が飛んできたの!?と周りを見渡した覚えがあります(笑)
コットンツリー

ブーゲンビリアはまだチラホラ見かけますが、コットンツリーはそろそろ終わりかけ。
また来年のお楽しみですね

ガンバレ、頑張ろう日本!!

  • 2011/03/24(木) 23:38:01

東北地方太平洋沖地震発生から明日でまる2週間。

インドの新聞では翌日から大きく取り上げられていました。
インドの新聞より

海外に居てもインターネットや毎日届く日経新聞で日本の状況は把握できます。
あまりにも悲惨な現状に、安全な場所に居る自分が申し訳なく思う毎日。
そんな私ですが、海外に居る私がまず出来ることは・・・と考え、
ネットバンクを通して日本赤十字社に義援金を送らせて頂きました。
どの銀行でも行っていると思いますが、
私が利用したジャパンネットバンクも手数料を無料にしてくれます。
こういう時、このような心遣いは心を温かくしてくれますよね。

デリー及びデリー郊外在住の日本人の間でも、
日本の為に何かしたい!という運動が広がっています。
こちらは日本食レストランとアメリカンスクールで行われるチャリティーコンサートの案内。
インドより1
インドより2
今日は新たにインドの日本大使館から義援金の受付を始めたとの案内も届きました。
その他にも、個人的、サークル活動内などでも日本を応援する動きが見られます。
皆が日本を応援しています。
どうか、この想いが日本に届きますように。


インドの新聞では日に日に地震に関する記事が少なくなっています。
インド人の記憶からは徐々に薄れていくでしょうが、
私達日本人は心に持ち続け、応援し続けていきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。