スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダシャラー(Dussehra)祭 2010

  • 2010/10/26(火) 22:26:04

最近インドの行事にあまり興味がない為忘れていた(苦笑)のですが、
17日はインドの3大祭りのひとつであるダシャラー祭の日でした。
(去年の記事はこちら。)

外で爆竹の音がして、「なんだか騒がしいな~」とは思っていたのですが、
外が煩いのは珍しい事でもなく、以前に比べると許容範囲も広くなった(笑)ので
そんなに気にしていなかったんですよね~
まさかあの祭だったなんて!
慣れって恐ろしいですよね~ 
あんな爆音で不思議に思わなかったなんて、自分が図太い人間になったようで嫌だなぁ(汗)
きっと今の私は近所で本当の銃撃戦が繰り広げられていても気付かないような気がします

北インドでは
『ラーマーヤナ』のラーマ王と戦った悪魔の大きな人形(張りぼて像)が燃やされ、
東インドでは
水牛に化けた悪魔を倒した女神ドゥルガーをたたえ、ドゥルガーの人形を川に流します。

10個の顔を持つ悪魔ラーヴァナ。今年も激しく燃やされたようです
ダシャラー祭

一緒にこんな写真も。。
人の手!?
この写真、一瞬人間の腕に見えませんか?
新聞を開いた瞬間、ビックリして固まってしまいました
こんなのが流れてきたら青ざめますよねぇ?

もとはドゥルガーですが、リアルすぎで怖い。。
下の写真なんて、額から血を流しているように見えるし、目も怖い!!
張りぼてのラーヴァナとはえらい違いです。
ドゥルガー

こんな人形が沢山流されているようなのですが、、、
最終的には粗大ゴミ。まさか水に溶けるなんてことはないだろうし、、、
後でちゃんと回収しているのかなぁ??
インドだけあって心配です

スポンサーサイト

初、パン教室♪

  • 2010/10/24(日) 22:03:38

パン作りが得意なマダムにパン作り教室を開いて頂きました
このマダム、日本に居られた時は実際にパン屋でパンを焼いておられた経験アリ。
過去の経験があってか、手際が良く、形成もとっても上手でした。
そういう私もパン屋でバイトをした事はあったけど・・・
ただのレジ打ちだったのでパン作りの経験はナシ。。
初めてのパン教室は、良い経験となり、とっても楽しい時間となりました

今回教えてもらったのはメロンパンとカレーパン。
両方すごーく美味しくできて、もう感激しっぱなし
インドに居て出来たてパンが食べられるなんて夢みたい!
しかも、メロンパンもカレーパンもインドには売ってないんだもん!!嬉しすぎです
(インドにカレーパンが無いのは意外かな? まぁ、カレー味のパンはありますけどね。)
手作りパン♪
お持ちかえり分も頂いてきたので、旦那におすそ分けをしたら
旦那も「すごいな~!うまいな~!!」と大絶賛!
沢山頂いてきたので、翌朝にも楽しむ事ができました

旦那にも好評だったし、忘れないうちに復習しておきたいのに
肝心のオーブンが無い。。
「せっかく習ってきたのにオーブンが届かないから作れない!」と嘆き、
旦那から催促してもらったら・・・
3ヶ月待ったオーブンが2日後に届きました

  その裏には、、、
   日本から持ってきたオーブンがうまく機能しないので
   インドでレンタルする事になっていたのですが、、、
   言っても言っても持ってこず、3ヶ月も待っていたんです。
   なのに、今回旦那が一言言うとすぐに持ってきたんですよねー
   インドって男性と女性が同じ事を頼んでも、対応してくれる早さが全然違うんです
   基本的には何でも遅い(苦笑)のですが、男性が言うと意外と早く解決されます。
   これには毎回、やっぱり男性が強い社会だな~と実感させられています。

で、そのオーブンを早速チェックしてみたのですが、、、
そのオーブン、温度設定ができないんですよねー。。
なので、「これってオーブンじゃないですよね?」と聞いてみたのですが、
「オーブンですよ。温度設定もできるはずです。」と言われてしまった。
でもね、全部のボタンを押してみたけど、温度表示なんて全く出てこないんです
持ってきた人も使い方は知らないし、説明書も無し。
それ以上試しようがないので、結局はメーカーの人が説明しに来る事になったのですが、、、
今度はいつその人が来てくれるのかが問題。また長引きそうだなぁ


パンと一緒に楽しむにはコーヒー♪
インドに来てからは、コーヒー豆を挽いてのコーヒータイムを楽しんでいます
コーヒーのいい香り♪
日本に居る時は面倒で既に挽いてあるコーヒーを買っていましたが、
今は時間に余裕があるので、
良い香りが漂うこの時間もちょっとした癒しの時間になっています

2010年秋ドラマ

  • 2010/10/21(木) 22:00:12

私の大好きな作家さんの作品が、この10月からドラマ化され放送されています。
その名も、フリーター、家を買う。
そしてその大好きな作家さんは 有川浩 さんです。
有川さんは2004年にデビューされ、私は2006年に知ってから大ファンになりました

有川さんの作品は以前もアニメ化され、放送されたことはあったのですが、
ゴールデンタイムにドラマ化されるのは初めて!
しかも主演は嵐のニノ。
楽しみ~♪

でも、好きな作家さんの作品がドラマや映画化されるのって
嬉しいよりも正直心配な気持ちのほうが強いんですよね。。
もちろん、そのことによって多くの人がその作家さんに興味を持ってくれるのは嬉しいのですが・・・
私自身、今まで「原作以上だった!」と思えるドラマや映画が殆ど無いのが現状。
「イマイチだった」とか「何で映画化されたの?」という意見を聞くたびに、
「原作はもっと面白いの!」「本当はもっと奥深いんだよ!!」「原作を読んでみてー!」と
いつも悔しい思いをしています。
やっぱりドラマ化や映画化するのって難しいんですね。


今回のドラマの原作はこちら。

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る


有川さん、ここ数年(私がインドに来てから)すごい勢いで本を出されているので
最近は新作に追いついていない状況
こちらの原作はまだ読んでいないのですが、有川さんの本はどれも面白いものばかり!
ププッと笑ったり、和んだり、にやけたり、ポロッと泣いてしまったり・・・
どの作品も色んな感情を引き出してくれるものばかりです。

私のオススメは「図書館シリーズ」や「クジラの彼」など。
甘~い話が多いので、どちらかというと女性の方が楽しめると思います
(もしかしたら男性は楽しめないかも!?)

有川さん、まだそんなに沢山は出されていませんが、
是非他の作品も読んでみて下さい


他にも知名度の高い東野圭吾さん原作の秘密も放送されています。
ドラマではどういった展開になるか分かりませんが、原作は超オススメ!!
お父さん役の佐々木蔵之介さん、結構好きです。
医龍にも出演していますよね。人気者だぁ。

秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
(2001/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

こちらも読んでみて下さ~い。

ドレッサー完成!!

  • 2010/10/17(日) 00:02:14

インドに来てからずっと考えていたこと。
それは、オーダーメイドで家具を作りたい!ということ。

こちらのお友達の家に遊びに行くと、
オーダーメイド家具を見かけることが結構多いんですよね~
棚、タンス、テーブル、チェアー、ソファー、壁掛けミラーなどなど。
皆さん上手にオーダーして作ってもらっています。

私は日本で家具を作ってもらった事はないのでよく分かりませんが、
自分好みのサイズ、形、色にしてもらうにも関わらず
インドでは日本よりとってもお得なお値段でオーダーすることができるとか。

ずっとドレッサーが欲しかったので、ここは一度チャレンジしてみる!?と思った私。
でもね、オーダーするということは
インド人とやっかいな交渉を何度も行わなければいけないということなんですよね。。
値段の交渉から詳細の説明、納期や進捗状況の確認、完成品のチェック などなど
きっと何度も同じ事を言って、何度も同じことで怒って、、、って大変だろうな。。と
ただ考えただけなのに、どっと疲れてしまいました
なので、まず最初は色々とお店を回って探してみたのですが、
お店で売ってるドレッサーはどれも立派&大きすぎて
インドの大きな家にはピッタリでも、日本の狭いアパートには邪魔になってしまうものばかり

いいな~と思いつつ、帰国後の社宅生活を考えずっと諦めていたのですが・・・
旦那の「作ってみれば?」という一声と協力(インド人との面倒な交渉)で
先日ついに日本でも使えるサイズのドレッサーをオーダーしてしまいました

まずは基本となる形をネットで探して印刷し、それに自分好みのサイズを記入。
そして見積もりしてもらう為に家具屋を数軒はしご。
お店によって値段が全然違うのにはビックリ&戸惑いましたが、
今回は初めてでお試しだったことと、人目に付かない場所に置くものだったので
一番お安く提示してくれたお店に発注。

そして数週間後。
とうとうドレッサーが完成しました
ドレッサー
ドレッサーというよりは机っぽいですが、
普段は机としても使いたかったのでこの形がベストかと。
ネットで見たドレッサーを元に、幅を広げて引き出しの数を増やしてみました。
せっかくだから可愛いドレッサーに♪とも思ったんですけどね~
いつも通り実用性を優先してしまった

開いてみると、こんな感じ。
毎日使うものはこの開いた場所に。それ以外は引き出しに収納。
化粧品にアクセサリー、香水やストック品までかなりタップリ入ります
蓋を開けると・・・

初めてこの仕上がりを見た時は、「すごい!写真通りだぁ」と感動したのですが、
色々チェックしてみると、「やっぱりインドだ」とガックリするところもいっぱい。(苦笑)

まずはイスに座って蓋を開けたら、、、嫌な予感が的中!
鏡(蓋)の角度が合ってないんです
鏡に映し出されたのは、自分の鼻から下のみ。
オーダーする時に『鏡の角度を調節してね!』と言い忘れたな~と後悔していたのですが、
分かってくれるかも!?とプラスに考えた自分が甘かった!!

インドでは、日本なら当たり前のようにやってくれることでも
子供に教えるかのように何度も細かく説明しなければいけないのが当たり前。
なのに、その事をすっかり忘れていたんですよねー
初歩的な間違い!!

で、角度を変えてもらって顔は映るようになったのですが・・・
釘は浮いてるし、間違った穴は埋めもせず傷だらけに。。
最後に穴を埋めてもらおうとも思ったのですが、
この時点で何度もやり直しをしていた為、私が疲れちゃって、、
自分しか見ないから~と思って諦めてしまいました。
あぁ、疲れた。。
傷だらけ(T_T)

その他の大きな問題は引き出し。
この引き出しって開ける時に指を引っ掛けて開けられる引き出しだったのですが、
インド人にはそういう感覚が無かったらしく、
ただくり抜いただけで指を引っ掛けるくぼみがありませんでした
おそらくただのデザインだと思ったんでしょうね。。
まあ、開けられないこともないし、
直してもらって余計に変になる事も大いにありえるので、これは指摘しませんでしたが。。
これもちゃんと説明しておくべきだったな~と反省。
その他細かいことがちょこちょこと。


今回のドレッサーは完璧な出来栄えではありませんでしたが
初オーダーでこの出来なら満足です
次は何を作ろうかな~と夢は膨らむばかり。
インドの大きな家にも、日本の小さなアパートにも合う家具って難しいですが
また何か作ってみたいと思っています。
楽しみだな♪


<<メモ>>
コピー元の写真はこれ。
コピー元
次回は
 ・内寸を指定する。
 ・持ち手が必要な場合は前もって購入して渡す。

斬新な新聞

  • 2010/10/03(日) 20:44:06

先日、うちに面白い新聞が届きました。
それがこちら。
斬新な新聞
Volkswagenの広告なのですが、
そのページを開くと矢印の先の黒い物体から宣伝が流れます。
こんな新聞、初めて見たよー

仕組みは簡単。
光が当たると音声が流れるだけ。
電報やバースデーカードによくありますよね?
あれと同じです。

でもそれを新聞に取り入れるなんてビックリ。斬新なアイディアですよね~
さすがVolkswagen。宣伝にお金かけてますね

この新聞、旦那はまだ読んでいない様子だったので
帰宅時に「見て見て!面白い新聞があったよ~」と言うと、
「あ、会社で見た。」とあっさり言われてしまいました。
既にインド人が会社に持ってきていたらしいです。
インド人にとっても衝撃的な新聞だったみたいですね。

だけど私としては、こんな宣伝よりも素敵な音楽でも流れた方が良かったな~
そしたらこの部分を切り取って有効活用できたのに。←せこい??
結局この新聞は何度か開け閉めした後、いつも通りに読み終わった新聞コーナーへ。
あとはカバリ(廃品回収者)に売るだけです。
つまり、ゴミってことですね


こちらはベランダにいる鳩の雛。
随分大きくなり、行動範囲も広がって外を眺めたりもしています。
こんなに大きくなりました!
もう見た目はすっかり鳩。
でもまだ親鳥に甘えてピーピー鳴いてます。
それでもバタバタ羽を広げている姿を見ると、飛び発つ日は近いのかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。