スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちが便利?(圧力鍋編)

  • 2010/05/29(土) 22:01:56

前回の"どっちが便利?(ほうき編)"の第2弾!

  日本製品 vs インド製品

今日は圧力鍋です

こちらはインド製品。
インド製圧力鍋1
変わっているのは蓋の部分。
上からかぶせてロックをかけるわけではなく、
下から鍋の内枠にひっかけて持ち手のフックで留めます。
そして火を付けると中から圧力がかり自然と蓋が押されて密閉する仕組み。
なるほど~。確かに!ですよね
インド製圧力鍋2

値段もお手頃ですし、軽いのもプラスポイント。
でもこの鍋、、圧力をかけずに蓋をする事ができないのが不便。
もう1つ蓋が付いていれば良いのだけど。。
あとは圧力の調整ができないので、
うっかり長く煮てしまうと、あっと言う間に野菜がドロドロになってしまいます
要注意!!

一方こちらは日本から持ってきた日本製の圧力鍋。
日本製圧力鍋
使い方は皆様ご存知の通り。
圧力の調整もできますが、重いのがちょっと難点かな~?
まあ、蒸し器にもなるので重宝してますが。

うちは小さめのインド製圧力鍋を買ったので、
少量の場合はインド製、大量に作る場合は日本製と使い分けてます。
圧力鍋に関しては両方持っててもいいかもね

スポンサーサイト

フルーツ食べすぎ!?

  • 2010/05/26(水) 17:59:47

毎日40℃超えのデリー
たっぷり水分を取らないとやってられません!!

でも私、水分を取るのが苦手
水やお茶はもちろん、美味しいジュースや大好きなコーヒーでも飲める量には限界が・・・

そんな私を救ってくれるのが今が旬のスイカです。
2種類のスイカ
ちなみに左は"Water Melon"。日本でも見かける一般的なスイカですね。
1キロでRs.5~30(約10円~60円)。
そして右が"Sugar Baby Melon"と可愛い名前の付いたスイカ。
1キロでRs.9~50(約18円~100円)。
普通のスイカも美味しいですが、こちらの方が甘味が強い気がします。
名前負けしてないですね

値段に大きな差があるのは大型スーパーで買うか露店で買うかの違い。
大型スーパーが安く、露店が高いです。
味はそんなに変わらないと思うんですけどね。

いつも2~3キロのものを買い、キューブ型にカットして冷蔵庫へ~
好きな時に食べれられるし、水分補給にもってこいなので、
最近は冷蔵庫に必ずと言っていいほど入っています
この大きさのものを1週間に2個は食べてるかも。
しかもほとんど私1人で
ちょっと食べすぎかな?(苦笑)

今の時期、何処に行ってもスイカを売っいてる露店を沢山見かけます。
以前も書きましたが、やっぱりスイカとココナッツを一緒に売っている露店が多い!!
しかも殆どが向かって左はスイカ、右がココナッツ。
なんで?なんで!?すごーく気になります。
スイカ&ココナッツの露店
他のフルーツは特にこれとこれっていう組み合わせもなく、露店によって様々。
この謎、インド人に聞けば解けるのかなぁ?
露店の人に聞くのが一番早いのですが、英語を話せない人ばかりなので会話が成立しない
かろうじて英語で数字が言えるか、もしくは紙に値段を書いてくれます。
こんな時、ヒンディーが話せるといいんですけどね~

水分はスイカには劣りますが、4月下旬頃から出回り、どんどん値を下げてるのがマンゴー。
種類にもよりますが、今の時季は1キロでRs.30(約60円)ぐらいから買うことができます。
マンゴー
マンゴーは1日に2つでも3つでも(本当はそれ以上)食べられますが、
食べすぎは体に良くないと聞き、泣く泣く1日1個で我慢しています(笑)
写真のマンゴーは酸味が強いからか安いマンゴーなのですが、
実が大きくて種が薄いので、カットしやすく楽チン♪
1個でも結構満足できる量になります。

5月中旬からは、あっと言う間にシーズンが終わってしまうライチも登場
写真のような台車で売ってる事が多いです。
ライチの露店
ライチは5月中旬~6月下旬までしか出回らないレアなフルーツ。
毎年この時季は一時帰国しているのでほとんど楽しめた覚えがないのですが、
今年はどうやらたっぷり楽しめそう
1キロでRs.150(約300円)。
ライチ~♪
写真で1キロ。こののように木に付いたまま計られるので、実際は600gぐらいなのかなぁ?
スイカやマンゴーに比べると高価なフルーツです。

あとはメロンもシーズンです。
以前UPしたメロンの他にも、あと3種類ぐらいあるかな~
どれもお手頃価格なのが嬉しいです。

食べ物ではなかなか満足できないインド生活。
大好きなフルーツが沢山あるだけで随分救われています

エアコン事情

  • 2010/05/20(木) 18:49:57

毎年デリーの暑さは6月がピークだと言われています。
それに向けてか最近ますます気温が上がり、
夜になっても部屋が暑くてたまりません

最近の夜の部屋の温度は36℃超え
夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜というそうですが、
36℃にもなると何夜っていうんでしょうね?(笑)

エアコンを付けたまま寝ると体調を崩すので、いつもはファンだけで我慢していたのですが
さすがにこの気温になるとファンの風まで暑くて我慢できず。。。
とうとう最近はエアコンを付けて寝るようになりました。


インドでは3種類のエアコンが主流。
1つは皆様ご存知のこのタイプ。
お値段は約Rs.20000~50000(約40,000円~100,000円)
エアコン1
日本の一般家庭はこのタイプが一番多いと思いますが、
インドでは結構高価なものなので、そこそこ裕福な家庭にしか置いてありません。
しかも冷房機能だけで暖房機能は無し。
インドでも2~3ヶ月ほど寒い時期もありますが、
その時期だけの為の暖房機能は必要ないという考えなんでしょうね。
車のサイドミラーと同じく、コストを下げる為に機能を省くところがさすがインド
ちなみにうちのエアコンのメーカーはLG。
インドでは韓国製品が強いです。

そして上のエアコンより安めで買いやすいのがこのタイプ。
室内機と室外機が一体になっていて、ウインドウエアコンと言われています。
お値段は約Rs.10000~30000(約20,000円~60,000円)
エアコン2
室外機が重いからか、このエアコンは何処のおうちに行っても足元に設置してあります。
足元にエアコンの吹き出し口があるのは意外と不便
近くに座るとすごく寒いし、カーテンや家具が邪魔になって部屋が均等に涼しくならない。
それに、誇りっぽいインドでは故障の原因にもなります。

そして私達のような外国人のおうちではまず見かけませんが、
ローカルマーケットでよく売られているのが冷風扇。
冷風扇は冷たい水を吹き付けて部屋を冷やす機械です。
ミストクーラーって言えば分かりやすいかな?
お値段は約Rs.4000~10000(約8,000円~20,000円)
冷風扇
日本では一般家庭で使われることはあまり無いんじゃないかな~
冷風扇を使うと湿度が上がるので、インドの乾燥した気候には合いますが、
じめじめした日本だと不向きなようですね。
しかも冷風扇の近くにいないと涼しくないという欠点もあり。
でもこれが一番安く手に入るクーラーです。


冷風扇はないものの、うちには上の2つのエアコンがあります。
でもこの2つとも停電対応がされていないらしく、
1番目のエアコンは停電後にオフタイマーが無効になるし、
2番目のエアコンは元電源を消していないと停電後に勝手に電源が入ってしまいます。
普段は使わない部屋なので、うっかり元電源を消し忘れると電気代が大変な事に

そうそう、インドって電気代が高いんです!
毎月日本と変わらないか、もしくはそれ以上の電気代がかかります。
それとは反対にガス代はビックリするほど安い!!
どのおうちも100円~500円ぐらいです。安いでしょ?


まだまだ暑くなるインド
エアコン無しでは過ごせませんね。

辛い!!!

  • 2010/05/11(火) 18:02:52

ターリー
これは先日食べたターリー(カレー定食)。
インドで「辛い!」といえばカレーの事だと思われそうですが・・・
今回辛くてビックリしたのはカレーではなく、これ。

歯磨き粉です。
辛~い歯磨き粉!
ターメリック入りらしいが、そのターメリックが辛い辛い!!
口に入れた瞬間「辛っ!」と舌がしびれて、
「ベー」っとすぐに洗面所に吐き出してしまった。。
この辛さ、半端なもんじゃないです!!
だって、辛いカレーだって吐き出さないでしょ~?

こんな辛い歯磨き粉なんて初めて!!!
というか、こんな辛いと歯磨きなんてできないでしょ~!?
逆効果だと思うのですが・・・
しかもこの歯磨き粉、インドでは結構有名なんです。
インド人、辛くないのかなぁ??

結局この歯磨き粉を使ったのはこの1回だけ。
そして次の日、いつも通りの歯磨き粉に戻ったのですが・・・
何故か昨日と同じ味がする。。

実はターメリックの味がすごーく強かったあまりに
歯ブラシに味と匂いがしっかり付いてしまい、翌日にもその影響が。。
なので、今度はしっかりお湯で洗い流しました(笑)

ほんと、インドには日本人には理解できない商品が沢山あります
この辛さ、体験されたい方はお送りしますよ~


<<後日談>>
この歯磨き粉、私はもう使わないので旦那に使わせてるのですが・・・(悪嫁?笑)
旦那は初日に「なんやこれー!?」と言ったものの、
この歯磨き粉の泡立ちの良さに惹かれて使い続けてます。
 (写真に"FOAM"と書いてあるだけあって、泡立ちはすごい!!)
あの辛さを我慢できるなんて・・・ インド人なみですね~(笑)

<<更に後日談>>
実はこれ、歯磨き粉じゃないことが発覚しましたー!!
本当は、髭剃りフォームらしいです
私って本当に悪嫁かも。。

お釣りのない時は・・・・

  • 2010/05/06(木) 16:37:21

先日、お店で日用雑貨を買った時のこと。
レジにて。


店員A:「合計で126ルピーです」
私  :(200ルピーを出す)
店員A:「小銭はないですか?」
私  :「ないです」
店員A:お釣りは74ルピー
    (お釣りとして、まず50ルピー札をカウンターに出す。)
   そして店員Bに
店員A:「20ルピーないか?」
店員B:「10ルピーならあるよ」と言って10ルピー札を店員Aにさし出す
   定員Aは、さらに店員Cに
店員A:「10ルピーないか?」
店員C:「あるよ」と言って10ルピー札を店員Aにさし出す

   そしてカウンターに集まったのは、
   最初に置かれた50ルピー札1枚と集まった10ルピー札2枚と3ルピー分のコイン。


   ・・それとこれ。
お釣りはこれ。
飴1つ。

お釣りが74ルピーのところ、戻ってきたのは73ルピーと飴が1つ。


インドに来た当初はこの飴をおまけだと思い、
「ありがとう!」なんて言ってありがたく頂いていたのですが・・・・・
実はこれ、お金(お釣り)の代わりなんです。

インドではレジに小銭が十分に入っていない事が多く、
足りない場合は周りの人にお金を借り、
それをお釣りとして客に渡す事が多いです。
そして、それでも足りない分は飴を渡してきます。
まるで子供のお駄賃(苦笑)

しかもその金額に値しない飴であったり、
代わりの飴さえもらえない場合もあります。
ある時には20ルピーも足りなくて、その分の飴を渡されました。
ここまでくると足りない分を飴で補われたわけではなく、
いらない飴を買わされたような気分になります。
この仕組みってどうなんでしょう?

こんなにいい加減だと、自分のことだけでなく
「ちゃんと借りた分は返してるの?」
「最終的にレジ内の残高とレシートが示す金額は合うの?」
なんて疑問が次々と浮かびます。

こんなやり取りを1日に何度もやってたら、絶対残高が合わなくなるはず!
商売をやっててそんな適当でいいのだろうか?
もしかして売上帳とか書いてないのかなぁ?
そんなものなの??
私は部外者だから別にいいけど、オーナーだったら絶対気になるー!
まあ、すごく小さな個人商店なら細かい事はこだわらないのかもしれないですけどね。。
うーん、インド人の考えている事がよく分からない。。

きちんとしている店は「両替行って来て!」と他のお店にスタッフを行かせる事もありますが、
ほとんどは近くに居る人の中で貸し・借りが発生します。
そうそう、両替ならまだ分かるんだけどね。。

でも、こうやってお釣りを貰えない時もありますが、
反対に「お釣りが無いからこれだけでいいよ」と数ルピーおまけして貰える時もあり。
良く言うと、give-and-takeの社会ですね。
今のところ giveの方が多いですが・・・そのうちtakeが上回る時も来るかも!?

今日は、日本ではありえない、インドならではの話でした~

さすがインド製!

  • 2010/05/01(土) 00:03:52

インドはとっても埃っぽい。
なので、天井のファンをまわしていると、いつの間にかファンの羽が黒くなるんですよねー

しばらく見てみぬ振りをしていましたが、
メイドちゃんが掃除してくれる気配がないので、結局は口出ししてしまいました。
私も指摘するのは気が引けるし、メイドちゃんも指摘されるのは嫌だろうから
自分で気付いてくれれば一番良いのですが・・・
インド人、細かいことは日本人に敵うわけがありませんからね

そこで登場するのがこれ。脚立。
パッと見、作りもしっかりして安全そうですが・・・・
危険な脚立
よく見るとトップの部分が斜めになっています

しかもただ斜めになっているだけならよいのですが、
右に体重をかけると土台そのものが傾いてしまうので使えるのは左半分だけ
「でも、なんで?」と思って板の裏側を覗いてみると、その答えは簡単。
この雑な作りは・・・
左は赤丸部分の脚が支えとなってそれ以上左には傾かないようになっているのですが、
右は赤丸部分が板に接触していないので、体重をかけるとその分沈んでしまうようです。
それもちょっと傾く程度ではなく、そのまま滑り落ちそうなぐらい傾くから危険!!

さすがインド製。
安全面は考慮していない様子です
こんなの考えれば簡単な事なんだけどな~

脚立を出してメイドちゃんにファンの掃除をしてもらおうと思いつつ、
この状態はあまりにも危険なので結局は自分でする事に。
だって怪我でもされたら困るし、
落ちるなら自分が落ちた方が気が楽でしょ~?
それに、身のこなしも多少私の方が上かなって思って(笑)


さてお掃除開始。
トップの板は片方しか安全に使えないので、始めは左だけに体重をかけ、
足を動かさないように気をつけてるのですが、
気合が入ってくると、うっかり忘れて反対側に足を移動させる事も・・・
その結果、落ちそうになって冷や汗が出たこと数回(苦笑)
暑くて汗を流している途中なのに、どうして冷や汗ってあんなにすぐ出るんでしょうね~?
不思議です。

うちにあるファンは全部で8個。
それを拭いて周ること、数時間。
暑くて汗びっしょりなのに、冷や汗まで出て、もう汗だく
なかなか良い運動(?)になりました。

でも、掃除が無事終わって綺麗になった天井のファンを眺めて大満足。
このひと時が最高です

この日はついでにエアコンの上や棚の上など高い所を一気に掃除しました。
普段掃除しないだけあってすごく埃っぽかった~
たまにはチェックしないとダメですね。
でも次回はいつ・・・・・ 
今は考えないことにします(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。