スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Diwali !!

  • 2008/10/29(水) 05:00:48

昨日はインド最大のお祭りであるディワリ(DIWALI)の日でしたインド

ディワリは日本でいうと正月のようなもの。
数日前から里帰りする為に大きなバッグを持った人々を沢山見かけました

新聞にもこんな写真が。ちなみにこれは電車。
すし詰め状態
一番上の人、、どう考えても荷物の上に乗っているとしか思えません
これを見ると、
日本のお盆や正月時の新幹線ラッシュが可愛いものに見えてきますよね(笑)

ディワリは別名【光のフェスティバル】とも呼ばれ、
街や家は電光やキャンドルでライトアップされます。
まるでクリスマスのような雰囲気です。

人々は服や靴を新調し、お世話になった人へのギフトを購入する為に大忙し。
私達もいつもお世話になっているメイドちゃんとドライバーさんに、
「Happy Diwali!!」の挨拶と共にギフトとボーナスをプレゼント。
ラッピングしてもらったギフトはこんな感じ。
デワリギフト
ラッピングは曲がっていたり、リボンの長さが足りなかったりと
またまた突っ込みどころ満載でしたが、今回はあえて突っ込まないことに。
インドのお祭りなのでインド流でOKでしょう(笑)

マーケットでは爆竹が沢山売られていました。
爆竹
写真には写っていませんが、「これってあり!?」と思うような巨大な爆竹も。.。
目の前で爆発した時のことを考えると・・・怖すぎです。
インドでは個人であげる花火や爆竹の大きさに特に制限は無い様子。
一応新聞には「人に向けない」など当たり前の注意書きの他、
「18時~22時は許可します」と時間制限は書いてありました。
でも普段でさえ夜中まで騒いでる人々ですよ?
「22時は無理でしょ~」と思った通り、日が変わってもお祭り騒ぎは続きました。
それでももちろん警察が来ることはないです。
そんな国です。

爆竹や花火はディワリ数日前からポツポツとあげられ、
当日は戦争でも始まったかのような爆音が鳴り続けました。
音だけ聞いてると、連続する爆竹の音がまるで鉄砲で打ち合っている音の様に聞こえます。
まさに戦場に居るかのような感覚にさえなります。
家の中に居るから安心できるものの、
外に出ようとは思わないほど激しい数と音。
・・というか、外に出るなんて自殺行為
空も煙でもくもくです。

それでも高層マンションから見てる分には街のライトアップや花火がすごく綺麗
ライトアップされた街
カメラの性能が悪いので、ここまでしか写りませんでしたが
爆音さえなければ本当に綺麗です。
ちょうど日本から来られているゲストも、この夜景には満足されている様子。
翌日からの国内旅行で、この綺麗さと対象的な街の汚さをどう感じることでしょう?
ライトアップ
このマンションには外国人も多く住んでいるので
全てのお宅がライトアップされている訳では無いですが、
インド人ばかり住むマンションだと更に綺麗だろうな~
皆気合も入るだろうし(笑)

家の前はこんな風に飾りつけ。ちなみに上の写真はお隣さんですが
玄関の前には・・


デリーもだいぶ涼しくなってきました。
昼間はまだまだ半袖ですが、
朝晩はひんやりした風がふき、外出時は長袖じゃないと寒いくらい。
ちょっと遅めの秋がやってきたようです。

スポンサーサイト

今度は水漏れ。そして壁も・・・・・・

  • 2008/10/23(木) 11:57:17

前回は大雨の為に家が水浸しになってしまいましたが・・・・・
今度は水漏れが発生してしまいました
それも上の階の水漏れが原因で。。

ある日何処からかポタポタと水が落ちる音がしてきました。
音がする方へ行ってみると、
いつもは使っていないシャワールームからその音が。
「使ってないのに・・」と不思議に思いながら覗いてみると、
天井からポタポタと雫が
水漏れ
早速メイドちゃんに説明し、上の階の住人にその事を伝えに行ってもらったのですが、
上の住人は不在だったとのこと。
翌日もその翌日も行ってもらいましたが、いつも不在。。
そのうち水漏れはどんどん天井に広がって、シミもどんどん広がって・・・
しまいには下の階の住人が訊ねてきて、
「おたくの水漏れで、うちが被害に遭ってます」と言われてしまった。。
うちのせいじゃないのに。。

うちの状況も説明し、
原因は更に上の階にあると言って理解してもらえたので良かったのですが、
まさか下の階にも被害が広がっていたとは!
簡単に2つの階に水漏れが移ってしまうなんて、
やっぱりこの建物の作りには問題がありますよね?

その後、上の階の修理が終わり、うちの修理もなんとか終了。
修理に来た人が、「直りました」と帰っていったが、
本当に直ったの?と疑いながら見に行くと・・
水漏れは止まったものの、天井が開けっ放しになっていました。アップロードファイル
開けてそのまま。。
やはりインド人、つめが甘いです。


そしてまだまだ問題が。。
以前も愚痴った(笑)壁が剥がれてきた件ですが、
また別の壁もボロボロ剥がれてきて、大変なことになってしまいました。。

最初はこのように壁に塗ってあるペンキが浮き上がってきて、空気が入るようになります。
ぼこぼこで見た目もカナリ気持ち悪い
浮いてきた壁のペンキ
そして一箇所めくれるともう止まらない!!
どんどん剥がれてきます。。

結果、この状態
剥がれてきました(T_T)
ここまでくるとさすがに我慢できず塗りなおしてもらったのですが、
部分的な修復&インド人の手によってということもあり、かなりのムラが。。
「ムラがある!」とクレームを出しても、
インド人的には「No Problem!」なので言っても無駄でしょうね。
仕方ないのでここは我慢しますが、、でも本当はすごく気になる。。

そして数日後、この壁に異変が起こりました。
近寄って見てみると・・・ また浮いてきてる
はぁぁ。
再び。。。
私がどこまで我慢できるのか、只今実験中です(笑)

表札を作りました!

  • 2008/10/18(土) 16:37:00

街では車のナンバープレートを売っている(作っている?)お店をよく見かけるのですが、
先日行ったマーケットでは色んなプレートを作ってもらえるお店を発見しました。

そこで、家には表札が無かったので試しに表札として作ってみることに。
最初に見つけたお店で値段を聞くとそんなに安くはなかったのですが、
少し離れたところに半額で作ってもらえるお店を発見
探せばあるものですね~

お店の前にはサンプルが沢山!
サンプル
プレートも文字も絵も組み合わせは自由で、色んな形や色を選べます。
キーホルダーや名札、ハンコなんかも作れるみたい。

どのタイプにしようか悩みましたが、結局コピー元に選んだのはこちら。
コピー元
これを元に、
「マークはこのままで、釘はゴールドじゃなくてシルバーね!
文字はブロック体じゃなく筆記体ね!」
などと指示を出し、インド人お得意の「No Problem!」の言葉を聞き帰宅。

そして翌日 出来上がったものを受け取りに行ってきました。
こちらが完成品。(何処がどうなっているか分からないと思いますが)
完成♪
「おお!完璧!!」と思いながらもよく見るとゴールドの釘が。。。
「シルバーって言ったよね?」と言うと、
「ゴールドの方が立派に見えるからゴールドにした!」と満足げに言うインド人
えっと、、 ゴールドだと浮いちゃうからシルバーで注文したんですけどアップロードファイル
人の意見は全く無視です。。

「私はシルバーが良かったのに。。」とブツブツ言う私に、
「明日でよければシルバーに直せるけど・・」と言ってくれたものの、
釘を外すときに変な跡が残ることを恐れてこのままの状態で受け取って来ました。
だってそういう配慮は無さそうだし。。
インドでは妥協も大切です(笑)

ちなみにこの表札のお値段はRs.220(約460円)でした。
オーダーでこの値段は安いですよね?
これなら日本に帰っても使えそう
早速ドアに飾りたいと思います。

実は同じくこちらで作ってもらえる大き目の丸いハンコ(シャチハタタイプ)も気になってます。
見本として置いてあったマックのハンコが可愛かったんですよね~。
でも何を彫ってもらうかは思いつかないので、まだおあずけ。
思いついたら注文しに行ってきます

サリスカ(ホテル編)

  • 2008/10/11(土) 09:46:39

2度行ったサリスカ。
1度は日帰り、1度は1泊しました。

1泊した時は、サリスカ・パレスというホテルに宿泊。
見た目はすごく可愛くて綺麗
サリスカ・パレス1
庭も素敵でしょ~!?
手入れの行き届いた庭には馬がいて、乗馬も可能。
サリスカ・パレスの庭

荒れた高原地帯に突然現れたこんなホテルを見て、
「お城みたい~」なんて思っていましたが・・・
ロビーに入ってすぐにテンションダウン
なんか、薄暗い。。しかも狭い!
中と外、違いすぎー!!!
でもサリスカならでは(?)でトラの剥製が置いてありましたけどね。

ホテルに着いたものの対応も遅く、なんだかな~と思っていると部屋に案内されましたが・・
案内された部屋に入ってまたショック!!
「あの外見でこの部屋は何!?」とガッカリ
広さは十分あるんだけど、部屋が薄暗くて全体的に古くて汚いイメージ。
絨毯も掃除してあるの?と思うほど汚れてて・・・
しかもよく見ると、ベッドの上に何かの動物の糞がー!!!!!
ありえない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すぐさまホテルスタッフを呼んでタツが部屋を変えてくれるようお願いしたのですが・・
ここでインド人お得意の言い訳の嵐。。
なんで「すぐ他の部屋を用意します!」とか言えないのかなぁ?絵文字名を入力してください
そして新館に案内してもらったのですが、
この新館はさっきの部屋とは大違いで綺麗でした!
どうやら最初に用意されていた部屋は旧館だったらしい。
この部屋の差、すごいです。。

まあ、その新館の部屋なら文句なしに良かったのですが・・・
この日一緒に宿泊したのは3家族。
他の2家族は旧館、私達は新館というのは申し訳ないので
タツに色々と交渉してもらいました。

その結果、、、
新館には空きが無いということで案内されたのがなんとスイートルーム
今までの部屋とは別格でした!!
さすがタツ!頑張る時は頑張ってくれます

3部屋とも少しずつ雰囲気が違いますが、どの部屋も素敵だった~
大げさに言うとお姫様になった気分?(笑)

だってこんなシャンデリアに~
シャンデリア

こんなベッドに~
ベッド

こんなネコ足のバスタブに~
おまけに蛇口が金ぴか!!
バスタブ

こんなのインドにあった!?と思うハイテクシャワー
シャワー

貴重な体験ができました
これでサービスが良かったらな~
あと食事もね。

この辺はホテルが2~3件しかなく、選択肢が少ないということでちょっと不便。
でもこの辺で泊まろうとしたらこのホテルになるんじゃないかな~?
予約の際には新館かスイートルームを指定した方が良いです

サリスカ国立公園

  • 2008/10/10(金) 11:40:38

サリスカ国立公園には2回行ってきました。

サリスカ国立公園はデリーから約200Km、
ジャイプールからは107Kmの場所にあります。
公園の面積は800Km。
鹿やイノシシ、トラも生息しているらしいトラ

入場料はインド人Rs.25(約50円)に対して
外国人Rs.200(約400円)+自家用車乗り入れ料Rs.125(約250円)
ここでもお決まりの価格差
ジープもレンタルできます。その場合は3時間でRs.735、5時間でRs.1000。
最高6人まで乗れます。

私達、1回目は自家用車で入った為あまり奥まで進めず、
出会えた動物は鹿と猿・孔雀ぐらい
しかも道がデコボコな為にタイヤがパンクしたり、揺れまくる車内で頭や肩を打ったり、
立ち入り禁止区域に知らぬ間に入り罰金を取られたりと災難続き

なので、2回目はジープで乗り込みましたよ~車
こんなジープで~
ジープ小さっ!しかも道も狭い

こんな森の中へ入っていきます。
砂だらけ~
森の中
ジープだと奥まで入っていけて、その分動物と出会う確立は高かったですが・・・
ジープでは屋根無しの荷台に乗って森の中を走るもんだから、
暑さと埃まみれでちょっと辛かった~
突き出た木の枝で頭や腕を叩かれたりしたしね

そんな中で出会えた動物たち。
出会えた動物たち
この他にも多少いましたが、
あっと言う間に姿を消したり、手がぶれたりして良い写真が撮れませんでした。。
しかも目にするのは同じ動物ばかり。。
トラなんて本当にいるの!?!?

ガイドブックによると、
7月8月の暑い時季には野生動物を目にするチャンスはほとんどなく、
一番良いのは11月~3月。夕方がオススメらしいです

思ったより貴重な動物を見ることはできないし、
辿りつくまでの道も悪いので、今後は行く予定なし。
でもインドには他にも動物保護区が沢山あるので、
行くなら他へ行きたいな~と思ってます。
でもどこも同じかもね(笑)

アグラ城

  • 2008/10/08(水) 16:09:56

タージ・マハルに行った後は【アグラ城】へ!
アグラ城はタージ・マハルから2~3Kmとすぐ近く。
ここまで来たら寄らないと損!

こちらがアグラ城の入り口。城の南側にあります。
立派な赤砂岩の城壁でしょ~
ちょっとラール・キラーと似てるかな。
アグラ城正面
アグラ城はタージ・マハルを建てたシャー・ジャハーンが
亡くなるまで幽閉されていた城として有名です
入場料はタージ・マハルと同じくRs.250(約500円)+ADAチケット分
(※ADAチケットはタージマハルで購入済みなら必要ないです。)

城をぐるりと囲んでいる巨大な二重の壁は、
高さが20m以上で外周は2.5Kmにも及びます。
まじかで見るとすごい高さ!
アグラ城外壁

そしてこちらがアグラ城から見たタージ・マハル。
綺麗に見えるでしょ~?

下の2つの写真の右上に写っている八角形の塔が
ムサンマン・ブルジュといってシャー・ジャハーンが幽閉されていた塔です。
シャー・ジャハーンはここから妻のお墓(タージ・マハル)を眺めながら生涯を終えたようです。
アグラ城からのタージ・マハル
アグラ城から見えるタージ・マハルは後ろの部分。
後ろに流れてる川はヤムナー川です。

上の写真は綺麗に見えてますが、
天気の悪い日に行くとあまり綺麗に見えません。。

これは1回目に行った時の写真。
この日はうっすらとしか見えませんでした
こんな日もあり

こちらはお庭も綺麗なんですよ~
アグラ城の庭

アグラ城。
タージ・マハルへ行かれた際には是非立ち寄ってみて下さい。

タージ・マハル

  • 2008/10/07(火) 23:45:43

今回のテーマはあの【タージ・マハル】
タージ・マハルの紹介は初めてですが、
実は2007年に1回、今回と共に10月に行っています。

ちなみにタツは両親や友達、出張者のお供などで4回行ってます。
やっぱりタージ・マハルは見せてあげたいですもんね


皆さんご存知の通り、タージ・マハルは
ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルのお墓であり、
22年もの歳月をかけて作られ、1653年に完成。
1983年に世界遺産に登録されました。
本来【マハル】とは宮殿を意味しますが、こちらは名前と反してお墓なんですよねー
場所はデリーから車で約4時間のアグラというところにあります。

インドの遺跡を巡っていつも「この差はないんじゃない?」と不満に思う入場料
タージ・マハルも同じく、インド人と外国人の入場料には大きな差があります。
インド人がRs.5(約10円)に対して、
外国人は入場料Rs.250+ADAチケットRs.500の合計Rs.750(約1500円)。
この差はすごい!!
(ちなみにADAチケットとはアグラの観光名所で必要になる共通のチケットです。当日限り有効)

そしてチケット購入後に入場ゲートへと並ぶ列も長い長い!
さすがにタージ・マハルとなると、
今までの観光名所とは比べものにならないほどの長蛇の列ができています。
そして更にそこに現れるのがなんとも怪しいインド人
いくらか忘れましたが、「○○ルピーで優先的に入れてやる!」と甘い誘惑をしてきます。
でもこれって優先的に入れてくれるのではなく、
他の空いている入場ゲートを教えてくれるだけらしい。
なんだか子供がしそうな小遣い稼ぎみたいですよね(笑)

入場ゲートでは厳しいボディー&持ち物チェック。
ボディー&持ち物チェックはインドではどの観光名所に行っても当たり前のように行われます。
しかもテロの影響で、
今ではモール(ショッピングセンター)の入り口でも同じように行われています
毎回ちょっと面倒ですが、危険物を簡単に持ち込まれるよりはマシだと割り切ってます。
が、タージ・マハルでのチェックはカナリ厳しい!
持ち込み不可なのは、
飲食物・タバコ・iPodなどの電子機器類・チェック担当者が見た事がない物体・・・・?
ちなみに私は「これは何?」と日焼け止めを指摘され、
ただの日焼け止めだと主張したにも関わらず
「荷物預け所に預けてきなさい!」と言われました。。
まあ結局通れたんですけどね

そんなこんなで結構な時間がつぶされ、
やっと正門をくぐると、出口のアーチにタージ・マハルが!
正門より
そして潜り抜けると全形が目の前に広がりました!!
きれーい
水に映るタージ・マハル
初めて見た感想は、「え?こんなもの?(大きさ)」って感じ。
でもタージ・マハルの前に立つ人の大きさを見てビックリ!
人がすごーく小さく見えるんです
「これは目の錯覚!?」と自分の目を疑います。
横から

ダージ・マハルの基壇の大きさは95m四方、本体は57m四方で高さは67m。
4本の塔(ミナレットといいます)の高さはそれぞれ43mという大きさ。
大きいですよね~!
実際近づけば近づくほどその大きさに気付かされ、
基壇に上がった時には「こんなに大きかったんだ!?」と驚くばかり。
大きすぎて、真下から見ると自分がどの部分を見ているのかが分からなくなる程です(笑)
タージ・マハルの側面
細工も綺麗!
細工も綺麗で、近くで見ないと分からない綺麗さもありますが、
外壁の色は遠くで見ていたほど白くはなく、大きすぎて全体を見渡せないこともあって
もしかしたら少し離れて見る方が綺麗なのかも・・・

そして周りを見渡すとインド人、インド人、インド人、、、
皆タージ・マハルの陰に座り込み、お喋りなどして思い思いに過ごしている様子。
そんな中ちょっとビックリしたのが、インド人の若い女の子から、
「一緒に写真を撮って下さい!」と声をかけられた事。
え?なんで!?と最初は困惑しましたが、とりあえず一緒にパチリ
この時はビックリしたけど、その後こんな場面が何度もありました。
どうやら日本人(外国人?)と写っている写真を持っていると自慢になるらしい。
サインを求められたこともあったしね!
田舎の方に行けば行くほど私達は人気者になれます(笑)

タージ・マハルの外では何頭ものラクダや馬のタクシーがスタンバイ。
お安いので乗ってみるのもいいかもしれませんよ~
ラクダタクシー

こちらはタージ・マハル外のカフェから撮ったもの
正門とタージ・マハルが同時に見えます。
これは中からは見られない贅沢な景色ですよね
カフェからの眺め

ちなみタージ・マハルは金曜がお休みです
ご旅行の際には曜日の確認をお忘れなく!

アーユルベーダ商品

  • 2008/10/06(月) 22:16:35

前回はアーユルベーダマッサージ体験について書きましたが、
今回はアーユルベーダ商品についてビックリしたお話を。

アーユルベーダの商品で、KAMAというメーカーの物があるのですが、
これが先日お友達に借りた日本の雑誌(FIGARO)に取り上げられていました。
FIGARO
それがこれ。夜用のパックです。
ラヴァンヤ
「ああ、見た事あるある。」と気軽に思っていたのですが、
その雑誌に載っていた値段を見てビックリ!
書いてあった値段は25g入りで8,900円。
まあ化粧品では普通にありそうな値段なのですが、
私がビックリしたのはその値段そのものではなく、
インドで売られている同じものとの値段の差

だって・・・・・
インドで売られている同じものと、一桁も違うんですよ!?
これには思わず顔を近づけて金額を確かめてしまったほど。

以前から日本でも人気があるとは聞いていたのですが、
まさかこんな値段で売っているなんて。。。
ほんとビックリしました。

日本でネット販売をしているお店もあるようなので見てみましたが、
そちらも同じお値段
いくら輸入していると言っても、マージン取りすぎでしょ。。

でも私のお目当てはこのパックではなく、こちらの化粧水。
同じメーカーから出ているローズウォーターですローズ
ローズウォーター
ふんわりと薔薇の香がしていい感じ
ちなみにこれも日本では1桁多い値段で売られているみたいです。

今回のお買い物ではローズウォーターだけを買って帰るつもりでしたが・・・
せっかくなので、雑誌に載ってたパックも一緒に買ってみました。
パックはあまり興味が無かったんですけどねー
だって安いんだもんっjumee☆peace1
どれほど良いものか試してみます。お肌の調子が良くなったらご報告しますね(笑)
今度はマッサージオイルや美容液も試してみようかなハート


日本にいる方で、このKAMAの商品が欲しいって方。
私が一時帰国する時になら買って行くことはできますよ~
ご希望の方はご連絡下さい

一応この2つの使い方などは【続きを読む】に書いておきます。
今度パックを試してみる自分の為にも~(笑)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。