スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユルベーダ マッサージ体験

  • 2008/09/30(火) 23:28:35

ずっと気になっていた、アーユルベーダマッサージをやっと体験してきました。
こちらでは結構何処ででもやってるんですけどね・・
なかなか機会がなくて。。

さてそのマッサージ。
まずは全裸になり、ふんどしのような薄い布を付けます。
これが薄くて小さくて恥ずかしい

そして椅子に座ってヘッドマッサージ。
オイルを垂らして根元からごしごしマッサージしてくれます。

それが終わるとついにあの台へ。
これはDRONIと呼ばれるマッサージテーブル。
マッサージテーブル
この台、オイルでどろどろになるので普通は木の上にそのまま寝る施設が多いとか。
そして皆から「ごつごつして痛いんだよね。。」と聞いていたのですが、
こちらは木の台の上にマットとシートが敷いてあったので痛いことは全く無し
快適でした。

マッサージ台に寝ると早速全身マッサージ開始。
アビヤンガ(ABHYANGAM)という、
アーユルヴェーダの伝統的マッサージをしてもらいました。
ツボを刺激しながら、温かいオイルで全身を丁寧に、
そしてダイナミックにマッサージしてもらいます。
オイルの成分をしっかり体に浸透させる事で、
体内毒素や脂肪、そしてストレスや精神疲労までも排出させるとか。
1回の施術でもオイルは体の中で働き続け、効果はすばらく続くんですって。

さてそのアビヤンガ、
温かいオイルをたっぷりと使用し、2人がかりでマッサージしてもらうのですが、
体はすぐにオイルまみれになり、ふんどし(?)もあってないような状態に。。
うつ伏せでマッサージしてもらうのはなんだか優雅な気分ですが、
ふんどし姿&仰向けでマッサージって、女同士といえどもカナリ恥ずかしい!
きっと何回やっても慣れることはないと思われます。

以前家にマッサージのお姉さんを呼んでオイルマッサージをした時は、
ただ塗ってるだけ~って感じでしたが、こちらは気持ちよいぐらいの指圧だったり、
場所によっては強く押したりとなかなか良かったです。
しかも2人が同じ手順で同じ速さでマッサージを進めていくので気持ちいい
あまりにもいきが合っていて、
「この2人は双子!?」と思うほど。←実際は全然違うのですが(笑)

仰向け→うつ伏せでそれそれ全身をマッサージをしてもらい、
そして次は念願のシロダーラ(Shirodhara)。
シロダーラとは【脳のマッサージ】と言われ、
ストレスや不眠・不安など精神的なものによく効くらしいです。
これがその器具。
シロダーラの器具
この器具、日本でも見た事がありませんか?
私はインドに来るまでどうやって使っているものか知らなかったのですが、
アーユルベーダマッサージで使われていたんですね~
シロダーラ←こんな感じでオイルを垂らします。

オイルが目に入らないように眉上あたりに紐を結び、
この器具で上から温かいオイルをたら~っと流し続けます。
この温かいオイルがすごく気持ちいいい
結構長い時間なので、気持ちよくなりウトウトとしてしまいました。

シロダーラが終わると次はスチームサウナ。
人が1人座れるだけの小さな箱で行われます。(写真を撮り忘れたのでHPからお借りしました。)
スチームバス
中には椅子が置いてあり、そこに座って顔だけ外に出します。
これがまた良かった~ うちにも一台欲しいぐらい。

私は貧血持ち&乾燥肌なのでサウナは苦手なのですが、
顔を出していることによって貧血にもならないし、顔が乾燥することもなし!
これなら結構長く入ってられそう♪と思っていたのですが・・・
以外に短い時間で終了もう少し入っていたかったな。。

最後はシャワーを浴びて終了なのですが・・
頭の上から足の先までオイルまみれなので、足元が滑って滑ってこわいこわい!
油断すると転びそうでドキドキしました。
髪もドロドロなので洗うのが大変!ロングヘアの方は苦労されると思います。


今回は1時間半のコースでRs.1500(約3500円)でした。
日本だとアビヤンガとシロダーラのセットで2万円近くするらしい
これは是非インドに来たら体験しなきゃ!ですね

スポンサーサイト

日本のアレが大人気!

  • 2008/09/23(火) 00:20:00

家の近くのモールに、
この辺では一番大きいんじゃないかと思われるゲームセンターがあります。

ちょっと小型になりますが、屋内にこんなものもありますよ~
ゲームセンター1
大人も子供も喜んで乗ってます。

メリーゴーランドのような乗り物もあり。
ゲームセンター2
皆楽しそうですが・・・
「停電の時はどうなるの?」と楽しいかどうかより、そっちの方が心配な私。
楽しんでいる途中に止まるほどテンションが下がることはないですよね。きっと(苦笑)

小さな子供達が遊ぶような施設もあります。
ゲームセンター3
もう少し奥へ行くと、小さめのゲーム機が並んでいます。カナリの繁盛振り
ゲームセンター4
ん?なんだか見覚えのあるようなゲーム機がずらり。
よく見ると、SEGAやnamcoなど日本のゲーム機ばかりじゃないですか!
お前達も海を渡ってきたんだね

でも、、、、
あれ?何か違和感があるような無いような・・・・・
日本語!?
だってほら、画面に映っている文字が全て日本語なんですよね
べつにちょこっと出ているだけなら何の問題も無いと思いますが、
ルールの説明なんかも全て日本語。
しかも英語やヒンディーの説明書が代わりに置いてある訳でもなし。
彼ら、ルールを分かってやっているのだろうか?jumee☆whyL

ちょっと見ていると、F1レースのゲームをしていた男の子が壁にぶつかりそのまま逆走!!
画面には【逆走しています】とハッキリ出ているにも関わらず、
彼はそのまま逆方向へ暴走。。
同じ道を走ってる訳だし、逆走してるなんて気付かないですよね
・・というか、気付けないと言った方が正しいのかな?

お金の投入口もそのまま残ってます。
さすがに間違って入れない為にボルトが打ってありましたが。
100円入れちゃダメだよ~

その他、太鼓の達人や、音楽に合わせてドラムを叩いたりギターを弾いたりするようなゲーム、それに、ダンスダンスレボリューションみたいなゲームもありました。
しかも太鼓の達人や楽器系ゲームの音楽は日本の音楽(笑)
知らない曲を流されてはなかなか上手にできませんよね

インド人は皆まだまだ慣れておらず悪戦苦闘
アキバにいる達人を連れてきたら、皆ビックリするだろうな~
達人様、是非インドへ来て華麗な技を見せてあげてくださいjumee☆SaturdayNightFeverR

インド人完成!?

  • 2008/09/20(土) 19:19:51

先日、インド服で参加する食事会に出席してきました
私は皆さんご存知のサリー、
タツは、【クルタ・パジャマ】という男性用のインド民族衣装を着て参加。

サリーはこだわらなければ自分ででも簡単に着ることはできるのですが、
ヒダを綺麗に出したり、着崩れしないように着るとなると
ちょっと難しいんですよね。。
私は途中で着崩れるのも嫌なので、
メイドちゃんに着付けをお願いしようと思ったのですが・・
メイドちゃんからは、「できません」と意外な返事が!
しかも理由が【サリーを持っていないから】とのこと。
これには更にビックリ!
インド人って必ずサリーを持ってるものだと思ってたんですよねー
確かにうちのメイドちゃんのサリー姿は見た事がありませんが、
仕事だから仕事のしやすい格好をしているだけだと思っていました。
まさかサリーを持っていないとは。。
でもこれはお金が無くて買えない訳ではなく、
出身地があまりサリーを着ない場所だったらしいのです。
そんな場所もあったんですね。意外だぁ。

・・ということで、メイドちゃんのお友達に着せてもらいました。
メイドちゃんも一緒に手伝ってくれて、「次回は着せれるように見ておきます」って。
次回かぁ。。次にサリーを着る機会ってあるかなぁ?(苦笑)

食事会の参加者は殆どがインド人だったので、インド人の奥様方ももちろんサリー。
私はつまずかないか・着崩れしないかとヒヤヒヤしながら歩いていましたが、
さすがにインド人マダムは優雅に着こなしておられました。

食事の前には演奏が。
音楽隊
この他にも色んなダンスを観ましたが、とにかく音量が大きすぎ!!
お隣の会話もよく聞こえない状態でした
限度ってものがあるだろうに。
インド人って大音量が大好きですからね。。

そしてこの写真。どっちがインド人でしょうか?(笑)
・・ってモザイクかけてるから分かりますけどね。
どっちがインド人?
タオ島ですっかり黒くなったタツ。
インド人並みに黒くなり、
「これだとインド人に混じっても見分けがつかないのでは!?」と思っていましたが・・・
やっぱりインド人と並ぶとちょっと焼き加減が足りなかったようですね(笑)
どんな感じか詳しく説明はできないのですが、
インド人の黒さは日本人が焼いた時の黒さとは何か質が違うような気がします。
日本人が焼いてもあの黒さにはなれないような。。
でもタツより色が白いインド人もいますよ~
特に女性の間では美白がブームらしいです。
こちらも日本人の美白とはほど遠いですけどね。

この写真は(勝手に)飛び入り参加させてもらった時のもの。
ちゃっかり帽子まで借りちゃってます。
この肌の色でこの格好をすれば少しはインド人に近づけたかな?(笑)

調子にのったタツはこんなものにも手を出してました。
何か違う。。
いかにも弾けそうにポーズを決めていますが・・・
1枚目の写真の一番右の人と比べるとどうですか?
そう、実は楽器の持ち方が違うんですよね
弾けないのがバレちゃってます(笑)

食事会なのに、食事が始まったのは開始から3時間以上たったの10時過ぎから。
噂には聞いていましたが、やはりインド人の夕飯は遅いようです。
インド料理はコッテリしたものが多いので、この時間から食べると胃もたれが。。。
毎日こんな時間に油ぎっとりのインド料理を食べてたらそりゃ太るだろうな~

この日は久し振りにインド料理を食べたこともあり、
翌日の昼過ぎまで胃もたれを引きずってしまいました
でも、たまにはインド料理も食べないとね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。