スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はまっているもの

  • 2007/08/31(金) 08:56:19

今はまっているもの。
それは玉ねぎのようにも見えるこれ。
ざくろ1

そう、ざくろです。
ざくろ2
日本では1度も食べた事が無かったざくろ。
インドに来て初めて食べましたが、ちょっぴり酸味があるさっぱりした味がGood
色も可愛いですよね~

このざくろ、皮から実を取り出す作業がなんとも面倒なのですが、
意外にもたつがこの作業にはまり、今では彼の暇つぶしアイテムとなっています。
しかも、いっそ趣味にしても良いのでは?と思うほど楽しそう(笑)
そして気が付くとこんなに かすかに透明で綺麗~
ざくろ3

私はいつもヨーグルトの上にトッピングして食べてます。
これがまた美味しいの
ざくろ4
しかしこの趣味(?)、、、いつまで飽きずにやってくれるだろうか

ちなみにざくろのお値段は1K(4個ぐらい)でRs.33(約100円)。
日本では結構高いみたいですね。
こっちにいる間に沢山食べておかないと!(笑)
でも最近はざくろのシーズンが終わりつつあるのか、
Rs.75(約230円)程に上がってきました。
ヤバイ!!

スポンサーサイト

ラクシャ・バンダン(Raksha Bandhan)

  • 2007/08/29(水) 19:39:38

昨日はインドの祝祭日でした。
と言うのもラクシャ・バンダン(Raksha Bandhan)と言うヒンズー教のお祭りがあったから。

ラクシャ・バンダンとは、兄弟・姉妹の絆を確かめ合う祭事の事で、
女性は兄弟の手にミサンガの様なラキ(Rakhi)と呼ばれる紐をお守りとしてくくりつけ、
兄弟は姉妹を守る事を誓います。
そして男性側がお返しとしてチョコレート等をプレゼントするとか。

街ではカラフルなラキが沢山売られていました。
ラキ
子供用の可愛いラキもあります。

そう言えば今日会ったインド人の友達(男性)の腕にも沢山付いてたな~
2本だけの人もいれば、7本付いている人も。
どうやら姉妹だけではなく、他の女性からももらったらしい。
モテる男性は辛いですね(笑)

2ヶ月経過

  • 2007/08/26(日) 08:31:17

インドへ来て2ヶ月が経ちました。
あっと言う間だったな~
不便な点や、「ありえない」と思う事は色々ありますが、
なんとか元気にやってます(笑)

インドに来る前は色んな事を心配していたけど、
予想以上に良かった事は水と電気の状態。

まず水。
インドに来るまでは、蛇口からは茶色い水が出て、
更に断水あり。使用量の制限もありだと思っていました。
でも実際は目で見る限りでは透明な水が出て、
断水は全くなく、水も毎日制限無く普通に使えます。
初めは無制限に使える事を知らず、カナリちまちま水を使っていました。
シャワーも、「いつ水がでなくなるんだろう!?」とドキドキしながら素早く浴びてたっけ(笑)
なので、たつから、「制限なんて無いんちゃう?」と言われた時は、
「何でもっと早く言ってくれないの~」と半ギレした気がするなぁ(苦笑)

次に電気。
停電がある事は聞いていましたが、もっと頻繁にあって
一度停電になると数時間は復旧しないものだと思っていました。
実際は1日に2~3回あるものの、復旧まではわずか数秒。
これはアパートの自家発電機のおかげですが、不便に感じる事は殆どありません。
ただ、デスクトップPCを使用されている方にとっては辛いかもしれませんね。
一瞬の停電でもPC落ちちゃいますから
良かった~。私はノートPCで
それにゲームをする方にも辛いらしい。
「あ~っ!!セーブしなていよぉ落ち込み」ってよくあるらしいです(笑)

でも聞くところによると、
水や電気の状態は、住んでいる地域によって大きく異なるらしいです。
うちは2つとも全く問題ないけど、
他の地域だと、やはり何時間も停電があったり、
突然水が出なくなったりと色んなハプニングがあるみたい。
特に一軒家だと多いのかな?
まあ、うちみたいなアパートで、水が出ない!電気がこない!ってなると
住民から一気に苦情が来ますからね。。
そういう点ではアパートは環境が整っているように思えます。


こんなペースで2ヶ月が過ぎてくと、
インド滞在もあっと言う間に終わるのかなぁ?
でも最近発表された赴任者の滞在計画では、たつの滞在期間は4年程に延びたとか。。
まだまだ先は長いです。

インドに居ても日本のドラマ♪

  • 2007/08/22(水) 21:19:41

インターネットってすごく便利だと思いませんか?
ネットができればこうやってブログも更新できるし、メールも送れる。
そしてskypeで日本とも無料で会話できるし、
音楽のダウンロードもできる。
ほんと、インターネット様様です

ちなみに最近は現在日本で放送されているドラマをよく見てます
インドに居ながら日本のドラマが見られるなんて最高!
でも何のドラマが面白いのか分からないので友達に聞くと、
「パパとムスメの7日間」と「花ざかりの君たちへ」を薦められました。
友達曰く、「花ざかりの~」は目の保養になるんだって!(笑)

日本に居る時からYouTubeには随分お世話になっていましたが、
最近よく使っているのがVeoh
Veohは一度自分のPCにダウンロードしなきゃいけないところが面倒なのですが、
一度落としてしまえば好きな時に見られるから都合が良いのかも!
サイトにUPして下さる方々に感謝しなきゃね
それにしても毎週欠かさずUPしてくれるなんて・・
親切な方もいるもんだ。

しかし・・ここはインド。回線速度がすごーく遅いんです。
一つダウンロードするにもすごく時間がかかる!!
おまけにダウンロード中はネットサーフィンもろくにできません(泣)
なんとかならないかなぁ??

でも私はダウンロードをやめないぞ~
頑張れ!私のPC!!

そうそう、他にもお勧めのドラマがあったら教えてくださ~い
また探してみよっと

タイ旅行(チェンマイ~バンコク)

  • 2007/08/19(日) 23:19:09

チェンマイ最終日は、またもや原チャリをレンタルし、
ワット・プラ・タート・ドイ・ステープへ行って来ました。
このお寺は標高1080Mの山の頂上に建つ寺院で、チェンマイ市街を見渡せる随一の名所。
お寺までは両側を2匹のナーク(蛇神)に守られた階段を登るのですが・・
トレッキング後の筋肉痛の体にはとても辛かった

上に着くと、こんな風にチェンマイ市街が一望できます。
ナークと景色
土足厳禁の回廊に囲まれた、高さ22mの金色に輝くチェディ(仏塔)もカナリ立派。
チェディ
しかし太陽で熱しられた石の通路が熱くて長居ができず、
短時間で引き上げちゃいました

チェンマイ市街の大きな道路はよく手入れされていて綺麗!象のモニュメントも可愛い
インドもこれぐらい綺麗になればな~(無理だろうけど。。)
チェンマイ市内

この日は夕方の寝台列車でバンコクへ

そして今回バンコクで私が楽しみにしていたのはウイークエンド・マーケット
このマーケットは名前の通り、土日だけ開催されるマーケットで、
広い敷地の中に、ずらーっとお店が並んでいます。
その数なんと1万以上 迷子になりそうですよね。

ここで見つけたお気に入りは、このペーパーケースとバッグ。
買い物
この2つはこのマーケット内のお店にしては少々高めの値段設定でしたが、
その理由は一目見て納得。
他の店の物と出来栄えが全然違うんです!網目がすごく綺麗
バッグに関しては、他の店で見ていたバッグとは手触りが違ってすごく柔らかいの。
値段交渉も他のお店より手間取ったしね
やっぱり品質に自信のあるお店はあまりディスカウントしてくれないのかなぁ?

このマーケット、ほんと色んな物が売られています。
ペットまでいるしね。
ウイークエンドマーケット
1日中歩き回って疲れたけど楽しかった!
でもとにかく蒸し暑いので汗だくでしたね もっと涼しかったら最高なんだけど。

バンコクではチェンマイの疲れが残っていたからか、
ショッピングがイマイチ進まなかったな~
でもその代わりに毎日マッサージ通い
フットマッサージにタイ式マッサージ、そしてオイルマッサージ。
しかも垢すりなんかにも行っちゃいました!
タイではマッサージ屋は何処にでもありますが、
垢すりが出来るところは少ない気がします。
今回行った所はミニスカートの可愛いお姉さんが垢をすってくれたんだけど・・
今思うとちょっと怪しげな店だったなぁ(苦笑)
まあスッキリしたから良いけど。
ちなみに連日通ってしまったお得なタイ式マッサージのお店は、
2時間でたったの250B(約1000円)
インドにも進出してきて欲しいものです。

こんな感じでのんびり過ごし、とうとうインドへ帰る日。
空港に行くバスの中でふと思い出したことが・・
「あ、ドーナツ食べてない!!
これだけは絶対に逃したくないと思い、たつには子供の様に
「空港で絶対ドーナツ食べる!!」と駄々をこねて(?)いたのですが・・
空港でお目当てのドーナツ屋は見つからず、結局そのままインドへ。。
これだけがほんと心残りでした(泣)
こんな事になるなら、初日にもっと食べておけば良かった。。

その後インドでドーナツを試してみましたが、未だ気に入るドーナツとは出会えてません。
あぁ、ドーナツが恋しいです


そうそう、1日目の旅行記でマンゴスチンに関するコメントを頂きましたので、
ここでマンゴスチンのご紹介を。
これがマンゴスチンです
左が外見。結構厚い皮で覆われています。
そして中を割ると、こんなふうに実が詰まってます。
ちなみに食べられるのは中央の白い部分だけ。大きいものは種も入ってます。
味はあっさりした甘さで、とっても美味しいですよ
是非お試しを~

タイ旅行(チェンマイでトレッキング その3)

  • 2007/08/16(木) 23:29:29

2日目の朝も3日目の朝も、目覚めたのは4時過ぎ。
目覚めたと言うか、起こされたと言った方が正しいかな?
こんな早い時間に起こすのは、カレン族が飼ってるにわとりたち
辺りが薄明るくなってきた頃、
1羽のにわとりが鳴きだすと、それにつられてみんな鳴きだす始末。
かんべんして~(泣)

3日目の朝は体を起こすのにも一苦労。
全身筋肉痛になってて、上半身すらまともに動かせませんでした。
ただ歩いただけなのに・・・ 完全な運動不足ですね。。

朝食の後は村での機織り見学。
機織り
こうやって1つ1つ手作りしてるなんて、相当時間がかかるんでしょうね。
出来上がった織物も見せてもらいましたが、
手織りの柔らかさがよく表れていたように思えました。
複雑な模様も沢山あって、織ってる方の器用さに驚かされます。

この日はトレッキング最終日。
数時間の山歩きの後、筏で川を下って終了です。

この日の山歩きは、前日の山登りに比べたらそれ程大変でもなかったですが、
何しろ私の体はロボット状態(苦笑)
少しの段差を上り下りするだけでも足が悲鳴をあげてました
筋肉痛の時って意外に下りも辛かったりするんですよね~
足を下ろした時に体全体の体重がかかってビリビリするの。
久し振りの筋肉痛でした。(普段は動いて無いので筋肉痛にならないのだ!)

数時間の山歩きと昼食を終わらせた後は筏下り!
筏は自分達で作る物だと思っていたのですが、行ってみると既に完成物が・・
まあ、私の体は筏を作る元気すら無かったので、これはこれでヨシと。
さっ、筏に乗り込み川下り開始!

前には船頭さん、後ろにはたつが竿(?)を持って舵を取ります。
で、私は真ん中で座ってるだけ(笑)
この筏、座っているだけならそれ程揺れは感じないのですが、
立つとすごく揺れて怖かった~ おまけに酔いそうになりました。
よく立っていられるよなぁ。
そして筏の状態はと言うと、写真のように浮くか沈むかの微妙なラインを保ってました
筏下り
もちろん私のお尻はびしょ濡れです(笑)
難所は1ヶ所だけで、あとはのんびりと風景を眺めながら進むだけ~
途中には野生の象も!なんだかサファリパークみたいで楽しかったな

そんな筏下りも終わり、休憩所で一服していると急に土砂降りに
助かった~!
筏の上であんな雨に降られたらたまったもんじゃない!
この雨、結局は宿に戻るまで降りっぱなし。
最後の最後でついてたな

そしてこの日はもちろん爆睡!
にわとりに起こされることも無く、ぐっすり眠れました。

2泊3日のトレッキング。
終わってみれば、充実感もたっぷり。良い経験になりました!

タイ旅行(チェンマイでトレッキング その2)

  • 2007/08/15(水) 23:28:12

2日目は「Today is bigday!」とガイドが言った通り、カナリ辛い1日になりました(泣)
この日はひたすら山を登って下り、次の村を目指すだけ。
険しい山道を何時間も登り続け、私の足はもうフラフラ。。

確か富士登山した時も立山登山した時もクタクタになって
「もう絶対に山には登らない!!」と思っていたはずなのに・・
おかしい。。何で同じ事を繰り返してるのだろうか??
・・と言うか、今回のトレッキングがあんなにハードだとは思っていなかったんですよね
またまた、「トレッキングはもうしないかも。。」と思ってしまった(苦笑)
私にはハイキング程度で十分だな~
山登りとなると体力が追いつかなくて、自然を楽しむ余裕が無いんですよね
それなら適度なハイキングをしながら周りの景色を楽しむ方が私には合ってるかも。

そうそう、この山登りでいつも心に思っていた事が1つ。
それは、【下を向いて歩こう】という事。
だって上を向いて歩くと、疲れきった足が何かにつまずいたり、
「頂上までまだこんなにあるんだぁ」と思うばかりだったので(苦笑)
トレッキングは1泊2日にするか、体力のある方にだけオススメします。

2日目は、このような道には見えないような道をひたすら登って・・・
山の中
そして橋らしくない橋を渡ったり・・
山の中2
私はあまりにも余裕が無かったので、写真はたつに撮ってもらいました
今見直してみると、やっぱり景色は良かったみたいです(苦笑)

こんな大きなアリ塚も沢山ありました。
すごい大きさ!こんなの初めて見たよ~
アリ塚

この日1番嬉しかったのはランチタイム
山を登りきったところで、やっとランチタイムが! ・・・ってもう14時だよ!!

この日の昼食はこれ。日本で言うソバメシってところかな。
今朝ガイドさんが作ってくれました。
ソバメシ?
バナナの葉で包んであるところが”らしい”ですよね~
「ごみはその辺に棄ててください。土に返るので。」とガイドさんが。
なるほど。だからバナナの葉なんだぁ。
確かにゴミが出ない事は、私達にとっても自然にとってもありがたい事ですもんね。
さてお味はと言うと・・・ すごく美味しかった!!
山の上で食べるご飯は最高でした

ランチの後は山を下るだけ~
でも簡単と思いきや、午前中に降った雨のせいで山道はとっても危険な状態に。。
ずるずる滑るように降りて行きました。靴はもうドロだらけ~
あぁ、ほんとに大変な1日でした。

タイ旅行(チェンマイでトレッキング その1)

  • 2007/08/14(火) 23:01:46

今回のタイ旅行のメインイベントはチェンマイでのトレッキング

タイで行われているトレッキングの基本は、
ガイドに引率されてさまざまな少数民族の暮らす村々を訪ね歩くもの。
1日3~5時間の山歩きと象乗り・筏での川下り・滝での水浴びが含まれている物が多いです。

今回私達が参加したトレッキングは、2泊3日でカレン族を訪問するもの。
その中に滝での水浴び・象乗り・筏下りが含まれていました。
そしてもちろんたっぷり時間をかけた山歩きも
この日の参加者は私達+フランス人3人。
それに現地ガイドが2人同行してくれました。

1日目は早速象乗りを体験
象乗り
こんな感じで2人づつ乗ります。(頭に乗ってる人は象つかいです)
この小象がすごく可愛かった
山の中もずっと母親に寄り添って付いてくるんですよね~
右は象の上から見た景色。こんな山の中をずんずん歩いていきます。
乗り心地は・・そんなに良いものではないですね
結構揺れるので、私としては落ちないかが心配でした(汗)

こちらはカレン族の子供達が通う学校。
校庭に普通ににわとりが走りまわっていました。
しかも下校時間には牛を引っ張りながら帰る子供の姿も
毎日牛とともに登校しているのでしょうか?なんとも不思議な光景でした。
カレン族の学校
子供達が学んでいる教室も拝見~
ちょうど踊りの時間でした。カレン民族の伝統舞踊だとか。
こんな小さな頃から習ってるんですね。
一生懸命に踊ってる子供達がとても可愛かったです。

そして宿泊先の村へ向かい、てくてく歩いていると・・・  ん?何か臭う。。。
なんと、木になってるドリアン発見!!こんな風に実が付いてるんだぁ!?
実が重そう。。
そしてバナナの木も。バナナの木はあらゆる所で見る事ができました。
こちらのバナナは日本で食べるバナナより黄色くて甘かった~
ドリアン&バナナ

さらに歩くと・・カレン続の村に到着!こちらがカレン族の家です。
基本的に1階は家畜を飼ったり洗濯物を干したりする場所になっていて、
2階が住居になってます。
家畜は牛・豚・鶏が殆ど。犬もいたけど・・・これはペットだよね?
カレン族の村
この日はこの村に宿泊。
今回のトレッキングツアーは民家にホームステイするタイプではなく、
参加者だけのコテージで宿泊するタイプ。
夕飯はガイドさんの手作りご飯。おかず2品+スープ+ライスでした
あまりにもお腹が減ってたものだから、写真を撮るのも忘れてましたよ~(苦笑)
なかなか美味しかったです

こんな感じで終わった1日目ですが、翌日は歩くだけの1日。
体力が続くかが不安です。。

タイ旅行(チェンマイ観光)

  • 2007/08/13(月) 23:17:22

チェンマイでは原チャリをレンタルして2人乗り~
ここでは2人乗りは禁止されていないのが良いですよね!
しかもインドなんて5人で乗ってたりしますから(笑)

早速原チャリにまたがり、チェンマイ観光へLet's go!
まずは傘工場を見学。
この傘は、竹と紙で作られたチェンマイの特産品です。色とりどりの傘が綺麗!
傘工場
おばさん達、起用に足を使って傘を組み立てていました。
日本じゃ行儀が悪いって言われるでしょうね(笑)

こちらは絵付けの方に描いてもらったもの。
私はその日着ていた洋服に。そしてたつはバッグに描いてもらいました。
傘工場2
この方、すごく絵を描くのが上手なんですよ~
あっと言う間に綺麗な絵を描いて下さいました。
この絵の具(?)、洗っても色が落ちない特殊な絵の具らしいのです!
実際洗ってみましたが、今も問題なく残ってます
ちなみにお値段は2つとも50B(約200円)。シンプルな服がお洒落に変身しました。
そしてこの方の腕にすっかり魅了された私は、もう1つ大き目の絵をリクエストする事に。
その描き始めがこんな感じ。さあ、何の絵が完成するのでしょうか~?
何かな?

この工場では特産品の傘を購入。
蝶や鳥など色んな絵がありましたが、私は蝶をチョイス。綺麗な色も気に入ってます。
傘


お次はサンカムペーン温泉
硫黄泉質の温泉が絶え間なく湧き出している、花と緑に囲まれた綺麗な公園です。
キャンプ場もあるようで、思った以上に賑わってました。
温泉卵を作る人やピクニックを楽しむ人々の姿が目立ったな~
それに足湯を楽しむ人も。(右の写真の川にはお湯が流れています)
タイでこんな光景を見るなんてなんだか不思議な感じがしました。
サンカムペーン温泉1
そして嬉しいのが貸切天然温泉。
なんたってインドじゃろくにお風呂に入れないですからね~
しかも8人程入れる大きなお風呂に1人っきり!
おまけにお湯は毎回入れ替えるんです!お湯の熱さも自分で調節できるし・・
もう最高でした
サンカムペーン温泉2
でもここ、意外に遠かった!!
ガイドブックに書いてあったよりはるかに遠いんです!
しかも結構山の中だったし・・
慣れない原チャリではちょっとお尻が痛かったな。

そしてその日の夜にはちょっと驚いた事が。
膝上が妙にヒリヒリすると思ったら・・
ガーン、、真っ赤に日焼けしていました。。
そうだった。腕にしか日焼け止めを塗らなかったんだった。。
原チャリ乗ってると、すごく焼けるんですね?知らなかった。。
でも・・・ 原チャリ焼けってどうなの!?
ハワイ焼けとかならまだ良いけどさぁ。(行った事ないけど。)
しかも膝下は特に焼けてないのに、膝上10cmだけ焼けてるし。。
そしてインドに帰国後は、なんと皮が剥けちゃいました!
確かNZに行った時も同じ失敗をして同じところの皮がむけたんだよねー
2年半ぶりです。
しかしこの焼け方、、中途半端でとっても恥かしいよ

さてさてリクエストした絵ですが、仕上がりはこんな感じ。
象の絵
上手ですよね~
私、象の親子が夕暮れ時に仲良く歩いている絵が欲しかったのです!
これには大興奮&大満足!良いお土産になりました。

この日はナイトマーケットに行ったものの、
翌日からのハードな日々を考えて早目に切り上げる事に。
そんなハードな事とは・・・
続きはまた次回~

タイ旅行(バンコク~チェンマイへ)

  • 2007/08/12(日) 23:08:46

8月11日 PM23:30発TG316便でデリーを飛び立ち、
翌朝AM5:05にバンコクのスワンナプーム国際空港に到着
ちなみにこのAM5:05って言うのはインド時間で言うとAM3:30頃。
AM3:00って・・・・ いつもはまだ夢の中だよ
デリー-バンコク間の飛行時間はおよそ4時間。
飛行機の中では殆んど眠れなかったので、カナリ寝不足な1日になりました。

そして眠い目をこすりながら、そのままバスでフアランポーン駅へ
フアランポーン駅
私はここで早速美味しそうなドーナツ屋を発見!
ミスドみたいなドーナツ屋だったのですが、これがカナリ美味しかった!!
こんな美味しいドーナツはインドに無い!と涙が出そうなほど。(これ本当)
思わず、「このドーナツ、帰る前にもう1度食る!!」と旦那に宣言しちゃいました(笑)

駅に寄ったのはその日のチェンマイ行きの寝台列車の切符を購入する為。
ですが、あいにく当日の空きは無いという予想外の返事が。。
でもそこで諦めないのがたつ。
「駅でダメなら!」とバックパッカーが集まるカオサンへ移動
そこで問い合わせたところ、増便が出ると言う情報をゲット!
運良く当日のチケットをゲットできました。
しかし増便が出る事、駅じゃ教えてくれなかったんですよね~
なんだか不親切だなぁ
ちなみにチェンマイに行くには飛行機・列車・バスという交通手段がありますが、
飛行機だと2500B(約10,000円)、寝台列車だと800B(3,200円)、
バス(VIPバス)だと250B(1,000円)ぐらいで行けます。
今回は睡眠時間を利用しての移動が目的だったので、寝台列車をチョイス。
思ったより寝心地も良く、快適な列車の旅を楽しめました

この日は夕方までカオサンをぶらぶら
テンポラリータトゥーを入れたり、タイ式マッサージをしたり・・

テンポラリータトゥーは、私はスプレータイプ、たつは手書きのものをチョイス。
出来上がりはやっぱりスプレータイプの方が断然綺麗
手書きはちょっと歪んでたりして・・
でも手書きの方が日持ちはしましたね。
タトゥー

そしてフルーツジュース 1つ10B(約40円)!
フルーツがたっぷり入って、しかも量も多くて大満足!
写真はドラゴンフルーツ。色がとっても綺麗でした。
フルーツジュース
以前タイに来た時は、屋台のジュースは飲まないようにしていました。
それでも帰国後は1週間程お腹を壊してしまって。。
でも今回はインドから来た強み(?)って事で、全く気にせずチャレンジ!
旅行中もインドに帰ってからも、全くお腹を壊すことがなかったです。
私のお腹もとうとうインド化してきたか!?

夕方から寝台列車でチェンマイへ~
車内はこんな感じ。(あ、写真は私&たつじゃないですよー 笑)
寝台列車
左の写真は椅子がベッドに変身する前。テーブルは取り外し自由です。
そして右がベッドメイキングをしている様子。
説明するのが難しいですが、
写真の向かい合っている椅子のシートをくっつけて1つのベッド(下段)にし、
上のベッドは飛行機内の頭上にあるバッグ入れ(?)みたいな所をガバッと開くと現れます。

旅のおともはマンゴスチン。
マンゴスチン
1Kで17B(約70円)。安っ!
フルーツ好きの私達は、今回の旅行で合計3.5Kのマンゴスチンをたいらげました(笑)

そしてちょっとビックリしたのがトイレ。何か変な所が分かりますか?
寝台列車のトイレ
実はいわゆる垂れ流しタイプのトイレなんです
さすがタイですね。
・・と言ってもインドも野原で用を足してる人は大勢いますからね。
変わらないかぁ(苦笑)
あ、私はちゃんとトイレでしてますので!!

こんな列車の旅を経てチェンマイへ。
続きはまた次で~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。